RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.09
13
第35回日本リーグ第2週 1日目の試合結果をご報告致します。
名古屋市にて行なわれた VS HC名古屋戦。

”走り勝ちで、2勝目を挙げる”

まだ暑さが厳しい名古屋での日本リーグ2戦目のHC名古屋戦。
立ち上がりは、互角の展開で、11分までは5対5と同点。
そこから、相手のミスを速攻につなげ、上町・横嶋・野路(良)らで5連取して、主導権を握る。
その後も多彩な攻撃で得点を重ね、16対9で前半を終える。
後半に入り、3連取で19対9とする。
その後。オフェンス・ディフェンス共に精度が落ちミスが目立ち名古屋に追い上げられたが、
27対17で終え2勝目を挙げる。

           16- 9
北國銀行  27(      )17  HC名古屋
           11- 8


翌12日に三好市にて行なわれた、第3戦目のソニー戦。

”苦しい展開ながらも、総力戦で逆転勝利を収める”

前半立ち上がりは、横嶋の2本のポストと上町の7mスローで3連取して、最高の立上がり。
その後は一進一退が続いたが、8分に6点目を取った後、6分間ノーゴールで同点に追いつかれる。
14分には、若松のサイド・速攻が決まり、再び2点のリードを奪うも逆に3連取され、
19分には8対9とリードを許す。
21分に中村がカットインシュートを決めて同点とするが、22分に2連取され、9対11とされる。
25分に屋嘉のサイドが決まり1点差とするが、またもや2連取され、
26分には10対13の3点リードされる。
結局、12対14で前半を終える。

なかなか波に乗れなかった前半、攻守のポイントを再確認して後半に臨む。
8分までは、ベテラン中村の2本のカットイン、上町のロング・速攻・7mスローで得点するものの、
ディフェンスが踏ん張れず、17対20とリードを広げられる。
10分には退場者を出し、7mスローのピンチ、それを寺田がシャットアウトし、ピンチを救う。
それに応えるかのように、1人少ない中、若松がカットインを決め、尚且つ退場者を誘う、
その後のパワープレーのチャンスにこれまた若松がサイドシュートを決めて、19対20と1点差にする。
追い上げムードであったが、12分52秒に再び退場者を出し、7mスローを与えた。
このピンチを再び寺田が救う。好セーブを見せて、何とか凌ぐ。
2点づつ取り合った後、23分にステップを決められ21対23。
前半から好キープを続けていた田代が、更に集中力が増し、ゴールを許さない。
22分に横嶋がポストで決め1点差。屋嘉がサイドを決めて同点。
1点返された後、再び屋嘉が同点打なるサイド、そして逆転打となる田代からのワンパス速攻を決める。
更に上町が本日7本目の7mスローを確実に決めて、26対24。
残り5分、田代がまたもや好キープでピンチを救う。
1点差になった29分には、残り30秒で佐久川がとどめのカットインを決めて、28対26で開幕から無傷の3連勝を飾った。
7本の7mスローに表れた様に全員が体を張ったプレーでゴールに向かい、
体を張ったディフェンスに両キーパーが好セーブで応え、総力戦でもぎ取った1勝であった。

両日共に名古屋支店皆様方や沢山サポーターの皆様方が応援に駆けつけて頂き、心より御礼申し上げます。
来週は、京都にてオムロンと対戦しますので、多くの皆様方のご声援を宜しくお願い致します。

           12-14
北國銀行  28(      )26  ソニー
           16-12

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント