RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
08
Category : '07-08
第62回国民体育大会ハンドボール競技成年女子

▽3位決定戦
 日時:2007年10月8日 9:30~
 会場:湯沢高校体育館A

 北國銀行 31(13-10,18-11)21 広島メイプルレッズ

 秋田国体は、3位!
 ホーム開幕戦に向け、勝利で国体を締めくくりました。

 なお優勝は、オムロンでした。

 オムロン 27(11-9,16-17)26 ソニーセミコンダクタ九州

第62回国民体育大会秋田わか杉国体 Link
ハンドボール競技成年女子トーナメント表 Link
試合速報(ハンドボール競技) Link



わかすぎ国体3位
わかすぎ国体3位(画像をクリックすると大きな画像が開きます)


FC2ブログランキングに参加中。
訪問記念に1クリックお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

国体3位入賞おめでとう・・・
いやいや、
ホンマは残念でした!が、相応しいのかな?

でも強豪との接戦には、
今月末から再開されるリーグ戦に向けて、
嫌がおうでも期待度が高まりますね!!

さて、今日はなんとドリー誕生のお礼にと、
荷川取監督をはじめ、堀田コーチ、河端トレーナーが
食事会に招待してくださいました。

ここでお礼を言うのも変ですが(笑)
御三方様、お忙しい中ありがとうございました。

そこでこんな会話がありまして
とても印象に残った話でしたゆえ、
HBHBファンの皆さんにも知ってもらいたく
書き込みしたいと思います。

荷川取監督いわく、
今年のチームはサイズ的にも小さく、
また絶対的エースのいない
若手主体のチームだそうです。

確かに去年に比べてスケールは
小さくなったように感じられる部分は否めません。

しかし今年はその経験不足と
エース不在という致命的弱点とも言える部分を
監督、コーチ、スタッフ、選手全ての人間、
チーム全体の『共通理解力』でカバーしています。

攻守の切り替えの早いハンドボールと言う競技では
オフェンスもディフェンスも常に全員で行います。
その為には常にフォーメーションを理解する知能と同時に、
その瞬間最も効率の良い選択肢をチーム全体が瞬時にチョイスする判断力と、それを実行に移せる起動力が重要な訳です。

つまり
チームは常に同じビジョンを描き、
選手はその為に動く。

これこそチームスポーツにおける
基本中の基本であり最大のチーム力なのです。

1人の天才的プレイヤーの独創的なプレーは
時にチームの危機を打開し、
勝利を掴み取る重要な要素にもなります。

しかし天才は時として回りの理解を得られずに
孤立してしまう危険性も持ち合わせているということは、これまで数多のプロスポーツにおいて証明されてきました。

北國ハンドHoneybeeには
幸か不幸かその天才はいません。

だからこそ1人1人の選手が
自分のなすべき事、自分に課せられた事を理解し、
それをどんな状況にあっても常に実行に移せるよう
日々猛練習に励むのです。


監督はこうもおっしゃっていました。


だからと言って、常に勝てる訳じゃない。

それがスポーツであり、
スポーツに100点満点と言うものはない。

ただ言えるのは
必ず何か次に繋がる試合をすることだ。

負けて経験を得ることも
勝って自信を得ることも

必ず次に繋がると。


その為にも常にチームは一丸となって
『共通理解』を高めていかなければならない。

そうおっしゃっていました。


熱い方です。


好きです。こういう人。



ただの精神論者ではありません。

ただ努力するにも
目的を明確に持って努力する事が大切なんだと。


技術面には天賦の才というものがあるにせよ
ある程度は練習によって磨かれるものであり、
プロスポーツ選手としてのスキルアップというものは
個人練習でも身に付けることが可能です。


ただ今年、
北國ハンドHoneybeeが掲げる

『チーム力・共通理解』
というものは

本当にチームが1つにならなければ
手にすることができない、
とても難しい要素だと思います。

しかし、
荷川取監督は今年のチームに
その片鱗を確かに感じているようです!


まだまだ経験が浅く、
若さ故試合運びや勝負所でミスも目立つHoneybeeですが、

チームキャラクターのみつばちのように

1人1人が小さな体に秘めた大きな力を
最大限に発揮して、
一丸となって攻め、一丸となって守り、

大いなる野望に向かって
羽ばたいて欲しいと思います。

最後に監督はこんなことも言ってました。


欧州のサッカーなんか見てると、
サポーターはそのチームの特色を誰よりも理解して応援している。

だからいいプレーには惜しみない称賛を与え
悪いプレーにはおもいきりブーイングをする。

だから選手は頑張るんだと。

つまりこういうことではないでしょうか?

ファンが見ても一目瞭然になる程の
チームカラーを打ち出す事が出来た時、
そのチームの『共通理解』は確固たるものであり、
チームはもちろん、
サポーター、ファンも一丸となって戦える強さを手にする事が出来るんだ!と。


監督の目指すハンドボールを

選手達と同等に、

いや、それ以上に理解して

俺たちはスタンドから
精一杯の声援を送ろう。


それが俺の、
俺達のなすべき事であり
課せられた使命なのだから。



P,S,

北國ハンドの監督さんは
荷川取(にかわどり)監督です。


選手のみんな!

チームキャラクターの『ドリー』って・・・


ホンマは
『荷川どりー』の『ドリー』じゃないの??(爆)

長文・乱文失礼いたしました。

管理人様・・・。

2日酔いには気をつけて・・・(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。