RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
16


10:07
昨日松山にて行われました第41回日本ハンドボールリーグ第11戦 対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点を奪われたが、八十島の速攻で同点に追い付くと横嶋のカットインも決まり、2対1とする。
13分までは3対4とリードされていましたが、ディフェンスの安定に加え、寺田が好セーブで失点を防ぐとオフェンスにもリズムが生まれる。
13分38秒に大山の速攻、河田が2連続カットイン、大山の速攻、横嶋の7mスロー、角南のカットイン、鰍場の速攻、大山・鰍場のサイドも決まり、27分までに怒涛の9連取で逆転に成功する。
この集中打で12対4とリードする。終盤には、逆にミスが相次ぎ、4連続失点を喰らい、12対8で前半を終える。
後半7分までに14対11と追い上げを許すも、横嶋のロング、後藤の2連続速攻に続き、永田の速攻も決まり、18対11とリードを広げる。
その流れを保つことが出来ず、3連続失点を喰らい、19分に18対14。
終盤も横嶋、河田、八十島らで得点するが安定するに至らず、22対17で試合終了。
前半の集中打が開幕から続く連勝を11に伸ばした。

           12-8
北國銀行  22(     )17  広島メイプルレッズ
           10-9

横嶋(7m 3点) 6点、 河田 5点、 大山 3点、 鰍場・後藤・八十島 各2点、 角南・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2017.01
10


13:15
昨日行われました第41回日本ハンドボールリーグ第10戦 対 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングとの試合結果をご報告致します。

金沢で行われたレギュラーシーズン第10戦。
開始21秒に田邉のサイドで先取点を挙げる。1点返されたが、後藤・田邉のポストで2連取し、31対1とする。
4対4で迎えた6分に永田が速攻に持ち込み、7mスローを獲得。それを横嶋がきっちり決めると、続くパワープレーのチャンスに石野がカットインを決める。
11分に鰍場のサイドも決まると7対4とリードする。9対6で迎えた15分から3連続失点を喰らい、同点に追い付かれる。
17分に鰍場のサイドで流れを引き戻すと八十島のサイド、横嶋のカットインも決まり、12対9と再びリードする。
そのリードを守った形で15対12として、前半を終える。
後半開始早々に退場者を出してピンチを迎える。7mスローで1点を失うも河田がカットインを決めて、主導権を渡さない。
3分14秒に角南のステップ、後藤の速攻も決まり、18対14とし、リードを広げる。
19対16で迎えた7分44秒にソニーに退場者が出て、パワープレーのチャンスを得ると角南のロングに速攻も決まり、21対16とリードを広げる。
ソニーの不正入場により、チャンスが継続。そこで後藤がポストで確実に得点し、11分25秒に22対16とする。
その後に2連続失点されたが、横嶋のカットイン、後藤のポストで連取して、24対18とリードを保つ。
24対19とされたが、そこでベテラン翁長が活躍を見せる。24分27秒にサイドシュートを落ち着いて決めると、その30秒後には、角南へ速攻のパスを通して、アシストを記録。
その翁長の活躍もあり、25分には26対19として、主導権をキープ。終盤に2連続失点されたが、26対21で勝利し、開幕から続く連勝を10に伸ばした。

この日も会場には多くのサポーターの皆様方が駆けつけてくれて、選手を後押しして頂きました。心より感謝申し上げます。

           15-12
北國銀行  26(      )21  ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
           11- 9

鰍場 5点、 角南・後藤・横嶋(7m 2点) 各4点、 石野 3点、 田邉 2点、 塩田・翁長・河田・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2017.01
08


22:41
昨日行われました第41回日本ハンドボールリーグ第9戦 対 オムロンとの試合結果をご報告致します。

昨年末の日本選手権大会決勝で敗れたリベンジを果たすべく、リーグ再開の開幕戦を地元小松でオムロンを迎えて、試合開始。
試合開始直後から固さがみられる中、3連続失点を喰らい、5分30秒までに0対3とされる。
5分56秒に河田がロングを決める。その後に1点返されたが、田邉のサイド、河田のロング、後藤のポスト・速攻、田邉のサイドも決まり、6連取して逆転に成功する。
16分26秒に1点返されたが、18分21秒に角南の切れのあるロングが決まると河田も続く、昨年末からリタイヤしていた八十島が速攻を決めると横嶋の7mも決まって、21分33秒に11対5とする。
その後も八十島・後藤・永田・鰍場らで得点を伸ばし、16対9で前半を終える。
後半立ち上がりに退場者を出してピンチを迎える。そこを最少失点で凌ぐと後藤がポストで決める。
中盤以降も角南カットイン、横嶋・河田のロング、後藤のポストで得点を挙げるとディフェンスでは、寺田が好セーブを連発させて、連続得点を許さず、25分までに24対16とする。
終盤も横嶋の2連続ロング、最後は大山のカットインが決まり、27対16で勝利し、開幕から続く連勝を9に伸ばした。

会場にも多くのサポーターの皆様方が応援に駆けつけて頂き、心より御礼申し上げます。

           16-9
北國銀行  27(     )16  オムロン
           11-7

後藤・横嶋(7m 1点) 各5点、 河田 4点、 角南・八十島 各3点、 田邉・鰍場 各2点、 寺田・大山・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)