RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
30


12:49
Category : '16-17
”中国チャンピオンに走り勝ち”

シーズン前の腕試しとなる北信越ナショナルサーキット。
7月26日、小松市総合体育館にて中国チャンピオンの江蘇省と対戦。
中国代表8名を擁する江蘇省は、大型選手が多く、ヨーロッパに近いプレースタイルです。

10分までは、お互いの様子を伺う状態で5対5の同点。
11分過ぎに試合が動く。江蘇省が高さを活かした攻撃で連取を許し、17分には7対10とリードを許す。
この苦しい局面に寺田が攻守を連発すると、永田・大山の連続速攻が決まる。
更に横嶋の7mスローが決まり、同点に追い付くと河田のサイドで逆転に成功する。
同点に追い付かれた23分に横嶋のロング、7mスローも決まると後藤のポストも決まり、14対11とする。
そのリードを守った形で、17対14で前半を終える。

後半立ち上がりに鰍場の速攻が決まると横嶋の7mスローも決まり、19対14とリードを広げる。
1点返されたが、大山・鰍場の連続速攻に横嶋のカットインもきまり、22対15とリードを広げる。
28対21で迎えた15分40秒に塩田のロングに続き、八十島が2本の速攻にサイドも決め、最後は横嶋の速攻と5連続得点で33対21とする。
メンバー全員がコートに立ち、最後は新人の深田がロングシュートを決めて、36対27で試合終了。
後半は思い通りの展開で勝利し、2戦目のSKオーフスに弾みをつけた。

           17-14
北國銀行  36(      )27  江蘇省
           19-13

横嶋 (7m 4点) 13点、 八十島 8点、 河田 4点、 大山 3点、 鰍場・塩田・後藤 各2点、 永田・深田 各1点


”本場デンマークリーグ、SKオーフスに完勝”
デンマーク代表4人、192cmを筆頭に江蘇省より大型チームのSKオーフスに対して、全員ハンドボールで臨んだ。

先取点は、開始29秒に横嶋のカットイン、2対2とされた4分25秒に塩田のロング、更に鰍場のサイドで連取し、4対2とする。
その後、ノーマークシュートミスにイージーミスが相次ぎ、約10分間ノーゴールであったが、寺田を中心としたディフェンスで踏ん張る。
6対5で迎えた19分に横嶋のカットインが決まると後藤が速攻・ポストで2連取、21分に9対5として主導権を握る。
終盤も横嶋・河田の連続得点で14対9で前半を終える。

後半立ち上がりに最高の出だしを見せる。
36秒に横嶋の速攻が決まると、八十島のサイド、河田のロング、後藤のポスト、相手の7人攻撃を守った後に鰍場が自陣から無人のゴールへロングシュートを決めて、
5連取で19対9とリードを広げる。
中盤は、両チームGKが攻守を連発して得点が伸びなかったが、終盤には河田のサイド、深田のロングで連取し、最後は永田のポストで締めて、25対15で終了。
大きさに戸惑いながらも寺田に加え、橋本、茶圓のGK陣がゴールを死守し、失点を抑えたのが良かった。

平日の夜間の開催にもかかわらず、多くのサポーターの皆様方が応援に駆けつけ、熱い応援を送って頂き、心より感謝申し上げます。

           14-9
北國銀行  25(     )15  SKオーフス
           11-6

横嶋(7m1点) 8点、 河田 4点、 後藤 3点、 鰍場・塩田(7m1点)・永田・八十島 各2点、 石野・深田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト