RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10
02


18:05
Category : '15-16
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
昨日行われました第70回国民体育大会の試合結果をご報告致します。

3連覇がかかった決勝は、鹿児島県(ソニー)との対戦。
先取点を奪われたが、すぐさま後藤が決めて追い付くと八十島のサイドで逆転する。
8分までは、4対6とリードを許す展開。
8分21秒に後藤がステップを決めて反撃を開始する。
それに続いて、河田が2連取、10分22秒に7対6と逆転に成功する。
10分55秒に同点とされたが、11分29秒に河田、12分44秒に八十島が続き、9対7とする。
その後に3点リードを奪うも18分49秒に同点にされる。
20分38秒に大山のステップ、21分25秒に永田のポストが決まり、14対12とする。
1点返されたが、八十島・後藤で2連取、16対13としたが、1点を奪われて、結局は16対14で前半を終える。
後半開始早々、八十島のサイドでリードを広げる。序盤の5分までは、18対16と互角の展開。
5分43秒に武藤がサイドを決めると6分58秒に後藤が相手のスキを突いたカットインを決め、20対16とする。
10分38秒に20対18であったが、11分59秒に武藤が速攻を決めると八十島のサイド、永田のポスト、更に八十島のサイドも決まり、4連続得点で15分31秒に24対18。
この試合最大の6点差にする。
その後は2連続失点を2度喰らうも、河田が技ありのシュートやカットイン、ロングシュートで4点を取る活躍を見せる。
前半18分49秒に12対12と同点にされたのを最後に1度も追い付かれる事無く、リードを保ちながら、粘り強い攻守で28対25で勝利し、見事3連覇を達成する。

日本代表選手が不出場の中、寺田らの残り部隊の皆で優勝を誓い、目標を達成。
意地を見せた選手達のチーム力と粘りが生んだ結果だと思います。
それを多くのサポーターの皆様方の声援が後押しして頂き、優勝できたたと思っております。
この場をお借りして、石川県体育協会・石川県ハンドボール協会並びにサポーターの皆様方、
行員の皆様方、そして、ご家族の皆様方に心より感謝申し上げます。

この優勝に満足することなく、更に精進を重ね、結果を追求していきたいと思いますので、変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。

          16-14
石川県  28(       )25  鹿児島県(ソニー)
          12-11

河田(7m 1点) 10点、 八十島 7点、 後藤 5点、 武藤・永田 各2点、 大山・山口 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2015.10
01


12:12
Category : '15-16
昨日行われました和歌山国体準決勝の対 広島県(広島メイプルレッズ)との試合結果をご報告致します。

先取点は、後藤の目の覚めるようなロングが炸裂。
1点返されたが、後藤が速攻を決める。3分に同点にされたが、5分50秒に永田が速攻を決めると武藤も速攻で続く。
更に大山がカットイン、八十島の速攻も飛び出し、8分48秒に6対2とする。
そのままの勢いを保ちたかったが、1点奪われ、ミスが相次ぎ、8分間ノーゴール。
その間は、生命線であるディフェンスで踏ん張る。寺田の好セーブもあり、相手に傾きかけた流れを断ち切る。
16分20秒に河田のロングで得点すると、17分32秒に河田の7mスローで8対3とリードを広げる。
前半残り時間を1失点に抑え、最後は怒涛の6連取。
20分4秒のパワープレーのチャンスに大山がカットイン、更に河田の2連取、大山・八十島が続き、最後は河田が決めて、14対4で前半を終える。
後半は先取点を奪われたが、4分30秒に河田の7mスロー、6分9秒に大山がカットイン、速攻で2連取、八十島のサイドも決まり、7分31秒に18対5とする。
その後の8分間は、ミスが相次ぎ、3連取失点を喰らう。
15分29秒に武藤がサイドを決めて、流れを食い止める。メンバーチェンジをしながら、残り時間帯を凌ぎ、山口のカットインで22点目を奪い、22対14で試合終了。
我慢の時間帯もあったが、寺田を中心としたディフェンスで踏ん張り、守り勝ちで決勝進出を果たした。

今日の決勝は、鹿児島県(ソニー)との対戦。3連覇を飾れるよう、チーム力で戦います。

          14- 4
石川県  22(       )14  広島県(広島メイプルレッズ)
           8-10

河田(7m 2点) 7点、 大山 5点、 八十島・後藤 各3点、 武藤 2点、 山口・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。