RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.01
26
1/25、京都市にて行われました日本ハンドボールリーグ第12戦 対 オムロン戦の試合結果をご報告致します。

現在2位のオムロンとの直接対決。昨年末の全日本総合の借りを返す意味でも勝利したいところ。
6分までは守り合いで、1対1の同点。6分6秒に横嶋(彩)が7mスローを慎重に決めると6分48秒に八十島のサイドも決まり、3対1とリードする。
これから5分間はお互い必死のディフェンスで得点を許さない。その重苦しい雰囲気を打破したのは、鰍場。
サイドと速攻で2連取して、12分に5対1とリードを広げる。一気に畳み掛けたいところであったが、得点を伸ばす事が出来ない。
それでも寺田の再三の好セーブで踏ん張り、横嶋(彩)の7mスロー、翁長・八十島のサイドで得点し、29分36秒まで8対6とリードを保つ。
タイムアウトを請求し、最後の攻撃に掛ける。その期待に石野がカットインを決め、9対6の3点リードで前半を終える。
後半開始早々、横嶋(彩)のシュートで10対6としたが、その後はミスが相次ぎ、8分32秒に10対10の同点にされた。
嫌な時間帯であったが、八十島がサイドを決めてリードすると、横嶋(彩)が立て続けに7mスローを決める。更に角南(唯)が技ありのサイドシュートを決め、横嶋(彩)の7mスローもあり、
15分までに5連取して、15対10とリードを広げる。
1点返されたが、横嶋(彩)が速攻のこぼれ球やカットインで3連取し、22分12秒に18対11とする。
残りの時間を守り抜き、19対14で試合終了。
後半も好セーブで相手に流れを渡さない活躍を魅せた寺田のプレーが、コートプレーヤー達に勇気を与え、全日本総合のリベンジを果たした。
開幕からの連勝を12に伸ばし、2周りを終えて、依然単独首位をキープ。レギュラーシーズン1位に向け、大きく前進した。

            9-6
北國銀行  19(     )14  オムロン
           10-8

横嶋(彩)(7m 5点) 9点、 八十島 3点、 鰍場・塩田 各2点、 角南(唯)・石野・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2015.01
26
1/24地元金沢にて行われました日本ハンドボール第11戦 対 HC名古屋との試合結果をご報告致します。

先取点は、塩田の速攻、横嶋(彩)・横嶋(か)も速攻で続き、5分で3対0と幸先いいスタート。
その後も石野・八十島・河田らで6連取し、11分までに11対3と序盤の主導権を握る。
その後は、HC名古屋の粘りにあい、15対7で前半を終える。
前半の反省を踏まえて、ディフェンスを修正。
アグレッシブなディフェンスが機能、10分までに塩田・横嶋(彩)・八十島らの速攻で9連取する。
その後もメンバーチェンジしながら失点を防ぐ一方、横嶋(か)・永田・翁長・河田・横嶋(彩)らで得点を重ね、32対7で試合終了。
後半は、寺田・橋本のGKコンビが体を張ったキーピングで、シャットアウトする大活躍で、開幕11連勝を飾った。

多くのサポーターの皆様方の後押しを受けて、連勝を伸ばす事が出来、有難うございました。

           15-7
北國銀行  32(     )7  HC名古屋
           17-0

塩田・河田(7m 1点) 各6点、 横嶋(彩)(7m 1点) 5点、 石野・八十島 各4点、 横嶋(か) 3点、 翁長 2点、 角南(唯)・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.01
18
 本日福井にて行われました日本ハンドボールリーグ第10戦 対 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご報告致します。

 先取点を奪われたが、2分に横嶋(か)の速攻で追い付く。またも1点勝ち越されたが、その後の9分間で、八十島・横嶋(か)のカットイン、横嶋(か)の速攻、横嶋(彩)のカットイン、石野のミドル、横嶋(彩)の7mスロー、横嶋(か)のカットインの7連取で、14分までに8対2と逆転に成功する。
 中盤以降も鰍場・八十島のサイドや塩田のカットイン・ロング、横嶋(彩)のロング等で加点したが、ミスを拾われ、リードを広げる事が出来ずに15対11で前半を終える。
 後半開始早々、横嶋(か)のポストで幸先よくスタートすると翁長・横嶋(か)の速攻、横嶋(彩)のロング、横嶋(か)のポストで6分までに5連取して、20対11と抜け出す。
 その後に2連続失点を喰らうも12分22秒に鰍場の速攻、13分21秒に横嶋(か)のポストで22対13とする。
 中盤から終盤にかけても寺田のファインセーブが冴え渡り、得点を許さない。
 残り10分を寺田・橋本の活躍で無失点に抑え、26対16で試合終了。

 本日も会場まで多くのサポーターの皆様方が駆けつけて頂き、声援を送って頂きました。
 そのおかげで、開幕10連勝を飾る事が出来ました。心から感謝申し上げます。

 来週は、土曜日に金沢でのHC名古屋、日曜日に京都でオムロンと連戦が続きます。
 連勝を伸ばせるよう頑張って行きたいと思います。

          15-11
北國銀行 26(      )16  ソニーセミコンダクタ
          11- 5

得点者:横嶋(か) 8点、 鰍場 5点、 横嶋(彩) (7m1点) 4点、 石野・八十島 各3点、 塩田 2点、 翁長 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)