RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02
24

一昨日、小松にて行われた日本リーグ第18戦 対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。
レギュラーシーズン最終戦、首位の広島メイプルレッズを地元小松に迎えた。
先取点を奪われたが、2分30秒に田邉のサイドで追い付く。続いて、4分16秒に横嶋(か)の速攻に田邉の速攻も決まり、序盤を3対1とリードする。
4対2とリードした場面から4連続失点で4対6と逆転を許す。オフェンスミスでリズムが取れない。
17分37秒に翁長のカットインで5点目を挙げるとディフェンスに粘りが出て、オフェンスにリズムが生まれる。
横嶋(彩)のロングで2連取する活躍で追い上げる。20分には、横嶋(か)の速攻で同点に追い付く。更に21分52秒に八十島のサイドで勝ち越す。
すぐさま同点に追い付かれるも、23分26秒に横嶋(彩)のロング、24分に翁長の速攻、25分に横嶋(か)のカットイン、26分に翁長のカットインで4連取。13対9とリードを広げる。
終盤に14対12とされたが、八十島のサイド、横嶋(か)の速攻で突き放し、16対12で前半を終える。
後半の序盤は、7mスロー等で5分26秒には17対16と追い上げられたが、田邉のサイド、横嶋(彩)のロング、八十島のサイドで3連取し、9分16秒に再び20対16の4点差に戻す。
そこから11分25秒までに3連続失点を喰らい、20対19の1点差に詰め寄られたが、再び横嶋(彩)がロングを突き刺す。
その後、同点にされたが、寺田が踏ん張り、逆転を許さない。
横嶋(か)・石野で連取すれば、逆に2連取され、リードを広げられない我慢の時間帯が続く。
20分38秒に横嶋(彩)のステップで抜け出すかに思えたが、またもや同点にされる。
同点で迎えた残り9分、まず横嶋(か)のポスト、翁長・塩田の連続速攻が決まり、24分24秒に27対24とリードする。
残りの時間を寺田を中心としたディフェンス陣が踏ん張り、27対26でレギュラーシーズン最終戦を勝利で締めくくった。

多くのサポーターの皆様方のご声援のおかげで、勝利する事が出来ました。
長いシーズンも皆様方の声援が選手を勇気づけ、後押しして頂いたと思っています。
この場をお借りしまして、改めて心より御礼申し上げます。

その皆様方へ恩返しの意味でもプレーオフでは、感謝の気持ちを忘れずに精一杯プレーしたいと思います。
そして、最高の結果をご報告出来るように頑張りたいと思いますので、変わらぬご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

           16-12
北國銀行  27(      )26  広島メイプルレッズ
           11-14

得点者:横嶋(か) 7点、 横嶋(彩) 6点、 翁長 5点、 田邉・八十島 各3点、 塩田・石野・河田(7m 1点) 各1点

レギュラーシーズン個人表彰
ベストセブン     田 邉  夕 貴   (初)
シュート率賞     横 嶋 かおる    (4回目)  0,816
7mスロー得点賞  河 田  知 美 (初)      46点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2014.02
17
Category : '13-14
昨日沖縄にて行われた日本リーグ第17戦 対 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご報告致します。

先取点を許すも田邉のサイドですぐさま同点に追い付く。
その後3連取されて、リードを許す。
7分51秒に河田の7mスローを決めるとディフェンスも機能し始め、田邉の速攻、河田の7mスロー、またもや田邉の速攻、横嶋(か)のポスト、田邉のサイドで6連取して、14分に7対4とリードする。
1点返されたが、翁長のカットイン、鰍場の速攻で2連取し、17分には9対5と主導権を握る。
10対8とリードした場面に怪我から復帰した後藤が速攻で持ち込み、11対8とする。
そのまま勢いに乗りたいところであったが、退場者を出した影響もあり、ミスを連発し、それを速攻に運ばれて、26分37秒に同点にされる。27分19秒に後藤のロングで勝ち越すが、逆転を許し、結局、12対13で前半を終える。
後半開始早々、横嶋(彩)のロングで同点に追い付くも3連続失点を喰らい、4分に13対16とされる。
しかし、八十島の連続速攻に翁長の速攻も決まり、10分42秒に同点にする。
1点りーどされたが、横嶋(か)の速攻、八十島のサイド、翁長の7mスローで3連取し、16分15秒に19対17とする。
その後は、一進一退が続いたが、25分に塩田のカットインで同点に追い付くも退場者が出て、その間2連取と更にもう1点加えられ、27分44秒に23対26とされる。
苦しい展開であったが、28分4秒に横嶋(彩)がランニング、29分5秒に河田がカットインを決めて、1点差にする。
しかし、29分51秒に得点を奪われ、2点差。残り3秒に河田が意地のステップを決めたが、26対27で敗れた。
1試合通して、ディフェンスを修正する事が出来ず、それがオフェンスにも影響した形でミスを連発し、自分達の悪いパターンを象徴した試合であった。

最終戦は、22日に地元小松で首位の広島メイプルレッズとの対戦です。
最高の形で勝利し、プレーオフに向けて、勢いをつけたい。
皆様方のご声援を宜しくお願い申し上げます。

           12-13
北國銀行  26(      )27  ソニーセミコンダクタ
           14-14

得点者:田邉・河田(7m 2点) 各5点、 横嶋(か)・翁長(7m 1点)・八十島 各3点、 鰍場・後藤・横嶋(彩) 各2点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.02
12
昨日高知で開催された日本リーグ第16戦 対 HC名古屋との試合結果をご報告致します。

先取点を奪われたが、翁長がカットインで追い付く。
6分までは互角の展開、2対2で迎えた6分47秒に河田の7mスローで勝ち越すと、塩田の2本・翁長がカットイン、横嶋(か)の2連続速攻、鰍場の速攻、河田のカットイン、横嶋(か)のポストで10連取して、主導権を握る。
その後も田邉の速攻、鰍場のサイド、若泉・八十島の速攻等で得点する。
ディフェンスも寺田を中心に機能し、16対5で前半を終える。
後半開始早々、1点づつ取り合った後、田邉・横嶋(か)連続速攻や河田の7mスロー、塩田のカットイン、八十島の速攻・サイド等で8連取して、15分には25対6とリードを広げる。
そのリード保った形で、27対9で試合終了。
レギュラーシーズンも残り2試合のみ、最高の形でプレーオフに臨めるよう、頑張ります。

           16-5
北國銀行  27(     )9  HC名古屋
           11-4

得点者:横嶋(か) 6点、 河田(7m 4点) 5点、 八十島 4点、 鰍場・塩田 各3点、 田邉・翁長 各2点、若泉・横嶋(彩) 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.02
02
本日、金沢にて2,500名弱のサポーターの皆様方が会場にお越し頂き行われた日本リーグ第15戦 対 飛騨高山ブラックブルズ岐阜との試合結果をご報告致します。

大勢の観客の皆様方が見守る中、試合がスタート。
緊張からか動きが固く、立ち上がりに2連取され、リードを許す。
2分5秒に横嶋(彩)が目の覚めるようなロングシュートを決める。
しかし、ディフェンスが安定しないまま11分までは、4対5とリードされる。
タイムアウトを要求して、立て直しを図る。そこからディフェンスの足が動き出し、リズムが生まれる。
13分36秒に河田の速攻で得点すると続けざまに横嶋(か)の連続速攻、八十島も速攻で得点。
その後も横嶋(か)・河田・八十島の4連続速攻と河田のステップ・ロング、石野・横嶋(か)の連続速攻で12連取。
前半残り19分間を無得点に抑え、16対5で終える。
後半開始早々、河田の7mスローで得点すると塩田の速攻でリードを広げる。
15分までは河田の7mスロー、塩田・八十島の速攻、田邉のサイドなどで得点するが、飛騨高山の粘りに合い、リードを広げられない。
15分35秒に石野がロングを決めて流れを変える。河田のカットイン、鰍場のサイドで3連取して、20分18秒に26対10とする。
残りの時間は、河田の7mスロー・速攻、田邉・永田の速攻で得点。
結局、30対12で勝利し、プレーオフに弾みをつける11勝目を挙げた。

小雨交じりの生憎の天気にも係わらず、多くのサポーターの皆様方が会場まで足を運んで頂き、更に熱い声援で後押しして頂き、心より感謝申し上げます。

           16-7
北國銀行  30(     )12  飛騨高山ブラックブルズ岐阜
           14-5

河田 (7m 4点) 10点、横嶋(か)・八十島 各4点、 塩田・田邉 各3点、 石野・横嶋(彩) 各2点、 鰍場・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。