RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02
26
地元小松で行われた日本リーグ今期最終戦、広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点は、上町のロング、相手が1人退場している場面でGKを変えて、コートプレーヤーを投入した広島メイプルのミスを若松が無人のゴールへロングシュートを決める。更に若松・八十島が速攻で持ち込み、4連取する幸先良いスタート。
1点返されたが、後藤がカットインを決めて、序盤の主導権を握る。
その後はミスが続き、12分34秒には6対5の1点差にされる。
13分に上町がステップシュートを決めれば、横嶋のポスト、上町のランニングシュートで再び9対5の4点差にする。

リードを広げて前半を終えたかったが、ミスで失点を喰らい、14対13で前半を終える。
後半立ち上がりに2連続失点を喰らい逆転を許す。そこで踏ん張ったのがGK田代。難しいブラインドシュートもことごとく止めて、チームに勢いをもたらす。
16対16とされた直後に横嶋のポスト、上町のロング、小野澤の2連続速攻で10分には、20対16とする。
1点返されたが、後藤がカットイン、上町の速攻、石野が連続してカットインを決めて、20分に24対17とリードを広げる。
途中出場の小松がサイドを決めれば、とどめは、横嶋 彩が技ありのミドルシュートを決めて、27対22で試合終了。
15戦、11勝1分3敗の2位でレギュラーシーズンを終えた。

会場には、多くのサポーターの皆様方がお越し下さり、熱い声援を送って頂きました。
また、地元ハンドボール協会の皆様には、会場設営・運営等を行って頂き、選手が試合に集中できる環境を作って頂きました。日頃からチームを支えて頂いている皆様方へ恩返しの意味でも、プレーオフで勝利して、優勝を勝ち取りたいと思っています。
プレーオフでも皆様方の熱い声援をお願い申し上げます。

           14-13
北國銀行  27(      )22  広島メイプルレッズ
           13-9

上町 8点(7m 1点)、 横嶋 4点、 石野・小野澤 各3点、 後藤・八十島・若松 各2点、 田邉・横嶋 彩・小松 各1点

レギュラーシーズン個人表彰
ベストセブン        上町 史織(6回目)、 八十島 智美(初)
7mスロー得点賞     上町 史織(3回目)
シュート率章        横嶋 かおる(3回目)
ベストディフェンダー賞  小野澤 香理(4回目)
最優秀新人賞       田邉 夕貴

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2013.02
18
本日富山にて行われた日本リーグ第14戦 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。

先取点を奪われるも後藤がポストで決めて、すぐさま同点に追い付く。
序盤は、上町の7mスロー等で得点を奪うもディフェンスが機能せず、10分までに4対6とリードを許す。
10分40秒に上町が7mスローを決めて1点差に、更に上町が速攻・7mスロー・ロングで4連取、若松が速攻で続き、15分には、9対6と逆転に成功する。
その後も小松のポストや石野のカットイン、田邉・上町の速攻等で得点を挙げる一方、途中出場の寺田の好セーブで失点を防ぎ、18対11で折り返す。
後半立ち上がり、八十島が3連続速攻を決めて、幸先いいスタート。
その後も地元富山出身の石野のカットイン、横嶋かおるのポスト、妹の横嶋 彩の日本リーグ初得点となるランニングシュート等で加点する。
ディフェンスも田代が好セーブを続け、結局33対17で試合終了。

          18-11
北國銀行 33(      )17 三重バイオレットアイリス
          15-6

上町 11点(7m 7点)、 石野・田邉・八十島 各4点、 横嶋かおる 3点、 若松 2点、 鰍場・小野澤・後藤・小松・横嶋彩 各1点

※日本リーグ初得点を挙げた 横嶋 彩選手の1点が抜けていました。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2013.02
11
Category : '12-13
八十島の速攻で先取点を奪うと後藤がロングで続く、3分に1点返されたが、八十島がサイドで決めて、6分に3対1。
その後は足が止まり、スローペースになり、15分まで5対5の同点。
タイムアウト後に横嶋がポストで決めると石野がサイドで2点差にする。更にパワープレーのチャンスを得るが、ミスで得点を奪えず、19分に1点を返された。
新人の河田を投入して流れを変えに行く。直後に八十島・石野・田邉の連続速攻、新人河田がリーグ初得点となるロングを決めると石野がカットイン、横嶋の速攻で6連取。27分に13対6とした。結局、14対7で前半を終える。

後半立ち上がりも一進一退が続いたが、寺田が7mスローを止めたあたりから流れが来た。
17対11とされた10分35秒から25分40秒まで約15分間を無失点に抑えて、石野・後藤・上町のカットイン、田邉・河田・鰍場の速攻等で10連取して、25分に27対11と抜け出す。終盤に退場者を出し、ミスで得点を奪われて、28対16で試合終了。

レギュラーシーズンも残り2試合、プレーオフに向けた最高の試合をして、優勝を目指したい。

           14-7
北國銀行  28(     )16  HC名古屋
           14-9

石野・八十島 各6点、 田邉・横嶋・後藤 各4点、 河田 2点、 鰍場・上町 各1点
2013.02
04
Category : '12-13
昨日、金沢にて行われた日本リーグ第12戦 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご連絡致します。

引き分け以上でプレーオフ進出が決定する大事な1戦。
2,167名という大勢のサポーターが会場に足を運んで頂き、プレーオフ本番を思わせる雰囲気の中でスタート。
先取点は、開始2分58秒に後藤のカットインプレー。その後は、両チームとも動きが硬く、10分までに1対1とロースコアの展開。
石野が10分と12分に連続でカットインを決めて、脱け出すかに見えたが、その後も一進一退が続く。
16分に横嶋がポストで決めると上町が速攻を決めて、18分には7対4とりーどする。
22分に8対7とされたが、田邉のサイド・速攻で3点、後藤が速攻、上町が7mスローを決めて、5連取で前半を終える。
スコアは、13対7。
後半も一気に行きたいところであったが、2連取されるスタート。
11分に16対11とされたが、横嶋の速攻、田邉のサイド、上町の7mスロー、八十島のサイドで4連取。
15分には、20対11とリードを広げた。
この日も絶好調の田代の活躍もあり、また、寺田も負けじと7mスローを2本シャットアウト。チームに勢いを与える。
中盤以降も八十島・横嶋・石野・後藤らの活躍で、得点を量産し、結局、27対16で試合終了。
プレーオフ進出を決めた。

会場は、多くのサポーターの皆様で埋め尽くされ、銀行からも大勢の行員の皆様方がお集まりいただき、選手達に熱い声援を送って頂き、心より感謝申し上げます。

この勢いをプレーオフに持ち込んで、頑張りたいと思います。

           13-7
北國銀行  27(     )16  ソニーセミコンダクタ
           14-9


上町 6点(7m 4点)、 田邉 5点、 石野・横嶋・後藤 各4点、 八十島 3点、 鰍場 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。