RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.02
27
小松にて行なわれたホーム最終戦となる、日本リーグ第13戦の対 HC名古屋。

先取点は、小野澤が速攻で持ち込み先制。
13分までは、4対3と互角の展開。
名古屋に2名の退場者が出た隙に上町の7mスロー、小野澤のポスト、若松のサイド、小野澤の速攻が決まり、8対3と主導権を握る。
1点返された後も仲宗根のカットイン等で4連取して、前半を15対7で折り返す。

後半も小野澤のポスト、上町のロング、樋口のカットイン等で得点し、8分までに20対11とリードを保つ。
復帰した屋嘉のシュートを歯切りに怒涛の8連取。
その後も上町の3連続ゴールを含めた連続ゴールで、優位に展開し、最後は4月入社予定の樽井が決めて、34対14でホーム最終戦を飾ると共に、レギュラーシーズン1位を決定させる10勝目を挙げる。

シーズンを通して、怪我人が続出し、苦しいシーズンでしたが、サポートをはじめとします、多くの皆様方のご声援のお蔭で3年連続1位を勝ち取ることが出来ました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

残り2戦を精一杯戦い、3/11日のプレーオフ決勝で大輪の花を咲かせたいと思っておりますので、変わらぬご声援を頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
            15-7
 北國銀行  34(     )14  HC名古屋
            19-7

上町  11点(7m 3点)、 小野澤 10点、 屋嘉 4点
樋口  3点、 若松  2点、  樽井・後藤・仲宗根・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2012.02
20
昨日、熊本にて行なわれました日本リーグ第12戦 対 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。
この試合に勝利するとプレーオフ進出が決定する大事な1戦。

エース上町の7mスローを歯切りに小野澤の速攻、八十島のサイド、小野澤が連続でポストシュートを決めて、6分には5対0とする。
その後、シュートミス等があり、3連取されたが、12分24秒の野路のサイドシュートに始まり、上町が7mスロー3点、ロング・速攻等で7点、小野澤の3本の速攻、若松・野路がサイド、仲宗根のロング、後藤の速攻、そして、右膝前十字靭帯断裂の大怪我から復帰した屋嘉の復活の速攻シュートが決まり、16連取で21対3と大きくリードする。
最後は、1点ずつ取り合い、22対4で前半を終了。

後半に入ってもその勢いは止まらず、上町を中心にした攻撃陣で得点を重ねる一方、田代・寺田のGK陣を中心にしたディフェンスが、相手の得点を単発に抑えて、37対13で終了。
エース上町が16得点、ベテラン小野澤もポスト・速攻で7得点挙げる活躍、田代・寺田の両GKも好守を連発させ、快勝でプレーオフ進出を決定させた。

来週は、地元の最終戦である、対 HC名古屋戦が小松市総合体育館で行なわれます。
そこで勝利すると3年連続レギュラーシーズン1位が決定します。
皆様方の熱いご声援で、選手達に力を与えて頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

           22-4
北國銀行  37(     )13  三重バイオレットアイリス
           15-9

上町 16点(7m 6点)、 小野澤 7点、 仲宗根・野路 各3点
後藤・八十島 各2点、 若泉・石野・若松・屋嘉 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
19
昨日、鹿児島にて行なわれた、日本リーグ第11戦の対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点は、若松のサイドシュート。
1対1とされた後、小野澤のポスト、上町の7mスロー、石野の速攻で3連取、6分には4対1とする。
しかし、速攻のシュートミス等が重なり、リードを広げられない。
13分に上町の7mスローで6対3としたが、それから10分間で1得点のみ、失点は6点を数え、逆転を許す。
23分に上町のロング、若松の速攻で追い付く。終了間際に得点を許し、12対13で前半を終える。

前半立ち上がり同様、小野澤のポスト・速攻、若松のサイドで3連取、逆転して勢いに乗りたい所であったが、退場者を出して、1点差となる。
13分30秒に19対19の同点にされるも、クイックスタートから翁長がカットインシュートを決めて、更に7mスローを田代がシャットアウトし、小野澤がポストを決めて、18分には21対19とする。
1点返された後、再び小野澤がポストで粘り強く決めて22対20。
勝利を手繰り寄せるには、ダメ押しが必要な時間帯であったが、ミスが出て突き放せない。逆に3連取されて、追いかける展開に。
それでも、26分に上町がステップ、27分に小野澤がポストシュートを決めて、再逆転。
そのまま逃げ切りを図るが、同点にされ、尚も退場者を出してピンチを迎えるが、全員の気迫あるディフェンスで凌ぎ、24対24の引き分けで
タイムアップ。

何度か突き放すチャンスがあったにも関わらず、ミスで追い付かれて、勝利することが出来なかった。
プレーオフに向け、更に精度を向上させて、どのような展開の中でも勝ち抜ける力をつけて行きたい。

           12-13
北國銀行  24(      )24  広島メイプルレッズ
           12-11

上町 8点(7m 3点)、 小野澤 7点、 若松 4点、 
後藤 2点、 石野・翁長・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
12
昨日、小松に2位オムロンを迎え、首位攻防戦の試合結果をご報告致します。

前半立ち上がり、固さからかミスを連発。それを速攻に結び付けられ、10分には0対4とリードを許す。
仲宗根のロングが決まり、落ち着きを取り戻した後、小野澤が速攻を決め、11分に2対4。
1点返された後、再び仲宗根がロングを決める。更に若松、後藤、八十島の連続速攻が決まり、15分に6対5と逆転に成功。
その間、GK田代がファインセーブを連発して、チームに勢いを与える。
24分まで一進一退が続き、9対10とリードされた場面で、小野澤が速攻、上町がステップを決め、終了間際にも7mスローを上町が落ち着いて決め、12対10と2点リードで折り返す。

後半も田代の好セーブから始まり、15分まで1失点に抑える。
それをゴールに結びつけたいところであったが、速攻でミスが相次ぎ、得点を挙げられず、13対11。
重苦しい展開の中、相手のパスミスを仲宗根から小野澤に速攻パスが通り、後半やっと2点目を得る。
再三のチャンスを生かすことが出来ない中、田代が孤軍奮闘、相手の
シュートを次々に弾き返す。
19分に上町が速攻を決めた後、22分48秒に新人 後藤が値千金のミドルシュートを決めて、16対12。この試合初めてリードを4点とする。
残り7分も田代が大車輪の活躍で、2失点に抑え、最後は上町がカットインを決めて、17対14で8勝目を挙げる。

ディフェンスにおいては、連動性が復活し、更に田代の活躍で踏ん張れたものの、オフェンスにおいては、イージーミスが多く、得点が伸びなかった。
しかし、多くのサポーターの皆様方のご声援のおかげで、レギュラーシーズン1位に向けて、大きな1勝を勝ち取った。

来週は、九州での広島メイプル、三重バイオレットの2連戦です。
北國らしいハンドボールを展開して、連勝するように頑張りますので、変わらぬご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

           12-10
北國銀行  17(      )14  オムロン
            5- 4

上町 5点(7m 1点)、 小野澤・後藤 各3点、 
仲宗根・八十島 各2点、 石野・若松 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
08
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第13週
 日時:2012年02月11日(土)13:00~
 会場:小松総合体育館(石川県)
 対戦相手:オムロン
2012.02
08
広島で行なわれた日本リーグ第9戦、広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

若松の速攻で先取点を挙げ、7分までは、5対4と1点リードを奪う。
しかし、5連続失点を喰らい、5対9とされたところでタイムアウト。
ボール回しのリズムの悪さ、運動量の無さ、壁の意識の薄さなどを指摘、少しは解消されたものの、9対13とリードを許した24分。
仲宗根のカットイン、翁長・若泉が速攻で持ち込み、1点差に詰める。
2点差にされたが、終了間際に仲宗根が決めて、13対14で前半を終える。

後半に入り、仲宗根のカットイン、若松のサイド、八十島の速攻が決まり、16対14とリードする。
13分に再逆転を許すも後藤のカットイン、八十島の2本のサイド、石野の速攻が決まり、16分に22対19と3点のリード。
そこから一気に行きたいところであったが、シュートミスを連発。波に乗れずに4連続失点で、23分にまたもや逆転を許す。
石野、上町で逆転するが、2連取されて、27分38秒に逆転される。
最後は、小野澤がポストを決めて同点、引き分けに持ち込む。
前半の立ち上がりから15分までにリズムを取る事が出来ず、それが尾を引いた形となり、北國らしさを出せずに試合終了。

3本の7mスローを止め、体を張ったキーピングで存在感を示した田代、2試合連続で活躍した八十島など明るい材料もあったが、課題の残る試合であった。

ホームと勘違いするほどの大応援団を結成して頂き、心より感謝申し上げます。
選手達は、皆様方のご声援に応えようと必死にプレーしましたが、結果を出す事が出来ず、申し訳ありませんでした。
来週は、小松に2位のオムロンを迎え、首位攻防戦が繰り広げられます。是非、会場へ足を運んで頂き、皆様の熱いご声援で選手達を後押し頂きたく、お願い申し上げます。

           13-14
北國銀行  25(      )25  広島メイプルレッズ
           12-11

上町・八十島 各5点、 小野澤 4点、 石野・仲宗根 各3点、
若松 2点、 若泉・後藤・翁長 各1点
::more
2012.02
02
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第12週
 日時:2012年02月04日(土)14:00~
 会場:中村スポーツセンター(愛知県)
 対戦相手:広島メイプルレッズ