RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.04
21
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
第12回東アジアクラブ選手権最終日、対 仁川との試合結果をご報告致します。

全勝同士で迎えた最終戦。
開始29秒に八十島のサイドで先制すると1分28秒にキャプテン横嶋(か)もポストで続き、2対0と幸先いいスタートを切る。
1点返されたが、2分38秒に角南のロング、3分37秒に鰍場のサイドも決まり、4対1とする。
その後も横嶋(彩)のランニング・ロング、鰍場のサイドで得点する一方、寺田の好セーブもあり、8分22秒までは7対4とリードする。
ところがシュートミスを続いた時間帯に5連続失点を喰らい、12分32秒に7対9と逆転を許す。
その後はクイックスタートから角南のカットイン、鰍場のサイドで9対10とする。
大事な中盤で喰らい付きたかったが、逆に3連取され、17分に9対13とリードを広げられる。
終盤は、翁長の速攻、塩田のカットイン、横嶋(か)のポスト、鰍場のサイドで得点するが、2度の退場者を出して、リズムに乗れず、14対19で前半を終了。
後半1点奪われるも角南のカットインで追いかける。
その後も塩田のカットイン、鰍場のサイド、横嶋(か)の速攻で11分までに18対23と粘り強く戦う。
そして、大切な中盤戦。
11分から10分間で2失点と寺田を含めたディフェンスが踏ん張るものの、シュートミス、オフェンスミスで1得点のみで19対25。
21分に得た7mスローを河田が決めると流れが傾く。
21分31秒に塩田がパスカットから単独で持ち込むと22分20秒に横嶋(彩)がロングで続き、22対25と追撃態勢。
1点返されたが、23分35秒に横嶋のポスト、24分3秒に八十島のサイドで24対26の2点差に詰め寄る。
1点差・同点を狙うも中々追い付けない。26分37秒に横嶋(彩)のカットインが決まり、26対28とする。
3点差で迎えた28分53秒に横嶋(彩)のロングが決まると、今大会で引退する若泉が残り17秒に意地の速攻を決めて1点差にする。
しかしながら、1点及ばずに28対29で試合終了。
最後の最後まで粘り強く戦った選手達ではあったが、中盤でのシュートミスが響き、結局は逆転する事が出来ず、3年振り2度目の優勝を逃した。

平成26年度も多くの皆様方のご声援を頂きまして、心より感謝申し上げます。
26年度以上の成績を残せるよう、更に精進を重ねて参りますので、変わらぬご支援・ご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

           14-19    
北國銀行  28(      )29  仁川
           14-10

鰍場・横嶋(か)・横嶋(彩) 各5点、 角南・塩田・八十島 各3点、 河田(7m 2点) 2点、 若泉・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2015.04
20
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
東アジアクラブ選手権第2戦 対 オムロンとの試合結果をご報告致します。

開始1分24秒に横嶋(彩)の7mスローで先制。更に八十島のサイドで2点目。
1点返された後、鰍場・八十島で2連取。10分27秒に4対1とリードする。
そこから9分間で1点しか奪えず、5対4とされる。
オフェンスミスが続き、24分に7対7とされたが、寺田の好キープで逆転を防ぐ。
終盤に鰍場・角南・八十島で3連取して、10対7で折り返す。

後半50秒に1点奪われたが、角南の2連取で12対8とする。
その後2連続失点で12対10となったが、八十島の2連取、横嶋(彩)の目の覚めるようなステップシュートが決まり、10分までに15対10とし、抜け出すかに見えたが、後が続かない。
退場者を出した中盤に4連続失点で、18分に15対14の1点差に詰め寄られる。
八十島・鰍場・横嶋(か)で得点を奪い、21分19秒に18対16としたが、またもや退場者を出してしまい、3連取されて逆転を許す。
タイムアウトを請求し、立て直しを図る。
タイムアウト後の24分44秒に河田、26分44秒に鰍場、28分9秒に横嶋(か)、28分56秒に鰍場、4分間に4連続得点の集中打をみせる。
最後に1点返されたが、22対20で試合終了。
後半も寺田のキーピングが冴え、何度もピンチを救う。

最終日は全勝の仁川との対戦。3年振り2度目の優勝を目指して、頑張りたいと思います。

           10- 7
北國銀行  22(      )20  オムロン
           12-13

八十島 6点、 鰍場 5点、 角南・河田(7m 1点) 各3点、 横嶋(か)・横嶋(彩)(7m 1点) 各2点、 塩田 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.02
24
Category : '14-15
2/22(日)名古屋にて行われました日本ハンドボールリーグ第18戦 対 オムロンの試合結果をご報告致します。

開幕17連勝で迎えたレギュラーシーズン最終戦。
前半出だしからミスが相次ぎ、2連続失点して迎えた2分53秒に石野が速攻で持ち込み、1対2。
12分までに2対5とリードを許す苦しい展開。
タイムアウトを取り、修正を図る。それに応え、13分24秒に八十島のサイド、16分5秒に塩田のロング、16分49秒に翁長の速攻が決まり、振り出しに戻す。
そのまま逆転といきたかったが、逆に2連続失点を喰らい、またも追いかける展開に。
27分30秒に6対9と3点リードされたが、28分に八十島のサイドで2点差にする。
最後は、1点づつ取り合って、8対10で折り返す。

後半34秒に横嶋(彩)のカットインで1点差にするも2連続失点で再び9対12と3点リードされる。
3分28秒に横嶋(彩)のロング、4分32秒に7mスローを決めて、1点差に迫る。
10分22秒に横嶋(彩)の7mスローで13対14とし、パワープレーのチャンスを得たが活かしきれず、逆に13対16と再び3点差にされる。
この苦しい展開に遅れていた日向サポーターが駆けつけると、それに応え鰍場が大活躍。
まず、12分20秒にサイドシュートを決めると、13分24秒にもサイド、14分22秒には速攻で持ち込み、1人で3連続ゴールを決めて、同点にする。
その後退場者を出すが、GK寺田を中心にディフェンスが踏ん張り、得点を許さず、凌ぎ切る。
20分28秒に得点を許すが、21分30秒にまたもや鰍場が速攻で持ち込み、なんと4連続ゴールで同点に追い付く。
23分48秒にまたもリードされるも25分に横嶋(彩)のロングで同点、25分39秒に鰍場の速攻が決まり、この試合初めてリードする。
27分に同点にされたが、28分9秒にキャプテン横嶋(か)が値千金の勝ち越しゴールを決め、20対19とする。
残りの時間を文字道理体を張ったディフェンスで凌ぎ、最後の相手の攻撃もノーマークチャンスになったが、寺田がファインセーブで阻止、辛くも1点差で逃げ切った。

これで今期レギュラーシーズンが終了。
18連勝で1位となり、28日のプレーオフ準決勝でソニーセミコンダクタと対戦。
地元で開催されるプレーオフを全力で戦い、皆様方へ恩返しと感謝の気持ちを持って、優勝を喜びたいと思います。
プレーオフでも皆様方の熱いご声援で、選手に勇気と力を与えて下さい。宜しくお願いします。

            8-10
北國銀行  20(      )19  オムロン
           12- 9

横嶋(彩)(7m 2点) 6点、 鰍場 5点、 塩田・横嶋(か)・八十島 各2点、 石野・翁長・河田 各1点

最終順位
1位 北國銀行
2位 オムロン
3位 広島メイプルレッズ
4位 ソニーセミコンダクタ
5位 三重バイオレットアイリス
6位 飛騨高山ブラックブルズ岐阜
7位 HC名古屋

個人表彰
最優秀選手賞      : 横 嶋    彩 (初)
ベストセブン       : 寺 田 三友紀 (初)、 横 嶋   彩 (初)、 鰍 場  雅 予 (初)
得点王          : 横 嶋   彩 117点 (初)
7mスロー得点賞    : 横 嶋   彩  35点 (初)
シュート率賞       : 八十島 智 美 0.824 (初)
ベストディフェンダー賞 : 塩 田  沙 代 (初)

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.02
21
Category : '14-15
2/21(土)名古屋にて行われました日本ハンドボールリーグ第17戦 対 HC名古屋との試合結果をご報告致します。

先取点は、八十島のサイド、その後鰍場・八十島のサイド、横嶋(か)・八十島・翁長の連続速攻も決まり、9分までに6対0とリードする。
中盤以降も翁長・石野・横嶋(か)らの速攻や横嶋(彩)7mスロー、塩田のロング等で加点していく。
終盤にも河田のカットイン、横嶋(か)のポスト、翁長の速攻、横嶋(彩)のロングで4連取して、22対8で前半を終える。

後半立ち上がりからミスが相次ぎ、23対12と追い上げられる。そこから横嶋(彩)のロング、鰍場・永田の速攻が決まり、26対12とする。
1点返されたが、15分32秒に永田の速攻、17分56秒に横嶋(彩)のカットイン、19分54秒に八十島のサイド、21分4秒に横嶋(彩)の速攻も決まり、30対13とリードを広げる。
終盤にも後藤のカットインや永田のポスト、追加登録した大山のリーグ初得点等もあり、35対17で試合終了。
開幕から続く連勝を17に伸ばした。

明日は、レギュラーシーズンの最終戦となるオムロン戦があります。
プレーオフに向けて、弾みのつく戦いをして、勝利を目指します。

           22- 8
北國銀行  35(      )17  HC名古屋
           13- 9

横嶋(彩)(7m 3点) 10点、 八十島 7点、 横嶋(か) 4点、 鰍場・永田・翁長 各3点、 塩田・石野・大山・後藤・河田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.02
16
2/15(日) 鈴鹿市にて行われました日本ハンドボールリーグ第16戦 対 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。

先取点は、横嶋(彩)の7mスロー、その後ミスが続いたが、4分に塩田のロングで2対0とする。
1点返されたが、翁長の連続速攻と横嶋(彩)のロングで3連取し、10分21秒に5対1リードする。
その後は一進一退が続き、残り5分までに9対6とロースコアの展開。
25分8秒に石野が速攻、25分38秒にもパスカットから翁長が速攻に持ち込み、更に26分45秒に横嶋(彩)のロングで3連取。
1点返されたが、翁長がサイド・速攻で2連続得点し、14対7としたが、終了間際に失点を許して、14対8で前半を終える。

後半立ち上がりから鰍場のサイド、河田の速攻、塩田のカットインで3連取し、6分までに17対8とリードを広げる。
三重バイオレットアイリスのタイムアウト後に1失点されたが、横嶋(か)のポスト、後藤の速攻も決まり、19対9とする。
11分47秒に得点を許したが、横嶋(彩)・後藤・八十島・角南(唯)の速攻と横嶋(彩)・河田のカットインで6連取して、抜け出す。
残り10分で25対11であったが、横嶋(彩)の7mスロー、後藤の速攻、塩田・横嶋(彩)のロング等で得点を奪い、守っては橋本が7mスローを止め、31対13で試合終了。

開幕から続く連勝を16に伸ばし、次週最終週を迎える。

           14-8
北國銀行  31(      )13  三重バイオレットアイリス
           17-5

横嶋(彩)(7m 2点) 8点、 翁長・河田 各5点、 塩田 4点、 後藤 3点、 角南(唯) 2点、鰍場・石野・横嶋(か)・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.02
15
2/14(土)に行われました地元最終戦、日本ハンドボール第15戦 対 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご報告致します。

立ち上がり、鰍場の2連取で幸先いいスタート。
1点返されたが、塩田のロング・カットイン、横嶋(彩)の7mスロー・カットイン、八十島のサイドで5連取して、7分33秒には7対1とする。
その後は、ソニーセミコンダクタの粘りにあい、中盤までは8対5と追い上げられる。
18分に鰍場のサイド、18分37秒には角南(唯)のロングが決まる。1点返された後、19分40秒に横嶋(か)のポスト、21分37秒に八十島のサイドで2連取。
1点奪われたが、22分31秒に横嶋(か)のポスト、23分22秒に翁長のサイドで2連取し、14対7とする。
15対10された残り1分から、横嶋(彩)のカットイン、翁長の速攻も飛び出して、17対10で前半を終える。

後半立ち上がり、鰍場・横嶋(彩)・石野らで得点を奪い、8分までは21対13でリードを広げたが、中盤に2人の退場者を出してリズムを崩し、9分間で1対5とされ、
22対18と4点リードに変わる。
17分36秒に横嶋(彩)がカットインを決めたが、すぐさま1点奪われる。そこで、流れを切ったのが横嶋(彩)、塩田のロング。
19分に横嶋(彩)、20分に塩田と決まり、25対19とリードを戻す。1点返されたが、21分20秒に横嶋(か)のポストで26対20。
そのまま流れに乗りたかったが、終盤に2人の退場者を出し、4連続失点を喰らい、結局26対24で勝利した。

地元最終戦で勝利した事により、レギュラーシーズン1位が確定。多くのサポーターの皆様方とプレーオフに向けて、喜びを爆発させた。
終盤に苦しんだことを教訓にプレーオフまで、精度を向上させていきたい。

           17-10
北國銀行  26(      )24  ソニーセミコンダクタ
            9-14

横嶋(彩)(7m 4点) 9点、 鰍場 4点、 塩田・横嶋(か)・八十島 各3点、 翁長 2点、 角南(唯)・石野 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.02
12
2/11(水)、広島にて行われました日本ハンドボールリーグ第14戦 対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

開始早々先取点を奪われたが、横嶋(彩)で同点に追い付く。
勝ち越しを許したが、3分38秒に横嶋(彩)のカットインで追い付くと石野のカットインで勝ち越す。
同点で迎えた6分に横嶋(彩)が決めると7分42秒に横嶋(か)も決めて、5対3とリードを奪う。
15分40秒に塩田のロングで8対6としたが、3連続失点で逆転を許す。
20分53秒に石野のカットインで追い付くが、またもや1点リードされる。
22分35秒に横嶋(彩)の7mスローで同点、パワープレーのチャンスに鰍場がサイドを決めて、11対10と逆転に成功する。
残り3分に12対12とされたが、横嶋(彩)・横嶋(か)の連続得点で、14対12で前半を終える。

後半立ち上がりに同点に追い付かれるも、1分58秒に塩田の速攻、4分25秒に横嶋(か)のポスト、5分13秒に塩田のロングが決まり、17対14とする。
7分に18対16とされたが、7分32秒に塩田のロング、9分4秒に横嶋(か)のポストで20対16とし、序盤の主導権を握る。
20分までは、八十島のサイド、横嶋(彩)の速攻、横嶋(か)のポストで得点し、23対19の4点差をキープする。
その後、3連続失点で1点差まで迫られたが、24分34秒に横嶋(彩)の7mスローで24対22の2点差。
更にリードを広げたかったが、1点返される。
27分45秒にキャプテン横嶋(か)がこの日8得点目となる執念のカットインを決めると、残り時間を守り抜き、25対23で試合終了。
接戦を制し、開幕14連勝を飾る。

          14-12
北國銀行 25(       )23  広島メイプルレッズ

横嶋(か) 8点、 横嶋(彩)(7m 2点) 7点、 塩田 4点、 石野 3点、 鰍場 2点、 八十島 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.01
26
1/25、京都市にて行われました日本ハンドボールリーグ第12戦 対 オムロン戦の試合結果をご報告致します。

現在2位のオムロンとの直接対決。昨年末の全日本総合の借りを返す意味でも勝利したいところ。
6分までは守り合いで、1対1の同点。6分6秒に横嶋(彩)が7mスローを慎重に決めると6分48秒に八十島のサイドも決まり、3対1とリードする。
これから5分間はお互い必死のディフェンスで得点を許さない。その重苦しい雰囲気を打破したのは、鰍場。
サイドと速攻で2連取して、12分に5対1とリードを広げる。一気に畳み掛けたいところであったが、得点を伸ばす事が出来ない。
それでも寺田の再三の好セーブで踏ん張り、横嶋(彩)の7mスロー、翁長・八十島のサイドで得点し、29分36秒まで8対6とリードを保つ。
タイムアウトを請求し、最後の攻撃に掛ける。その期待に石野がカットインを決め、9対6の3点リードで前半を終える。
後半開始早々、横嶋(彩)のシュートで10対6としたが、その後はミスが相次ぎ、8分32秒に10対10の同点にされた。
嫌な時間帯であったが、八十島がサイドを決めてリードすると、横嶋(彩)が立て続けに7mスローを決める。更に角南(唯)が技ありのサイドシュートを決め、横嶋(彩)の7mスローもあり、
15分までに5連取して、15対10とリードを広げる。
1点返されたが、横嶋(彩)が速攻のこぼれ球やカットインで3連取し、22分12秒に18対11とする。
残りの時間を守り抜き、19対14で試合終了。
後半も好セーブで相手に流れを渡さない活躍を魅せた寺田のプレーが、コートプレーヤー達に勇気を与え、全日本総合のリベンジを果たした。
開幕からの連勝を12に伸ばし、2周りを終えて、依然単独首位をキープ。レギュラーシーズン1位に向け、大きく前進した。

            9-6
北國銀行  19(     )14  オムロン
           10-8

横嶋(彩)(7m 5点) 9点、 八十島 3点、 鰍場・塩田 各2点、 角南(唯)・石野・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.01
26
1/24地元金沢にて行われました日本ハンドボール第11戦 対 HC名古屋との試合結果をご報告致します。

先取点は、塩田の速攻、横嶋(彩)・横嶋(か)も速攻で続き、5分で3対0と幸先いいスタート。
その後も石野・八十島・河田らで6連取し、11分までに11対3と序盤の主導権を握る。
その後は、HC名古屋の粘りにあい、15対7で前半を終える。
前半の反省を踏まえて、ディフェンスを修正。
アグレッシブなディフェンスが機能、10分までに塩田・横嶋(彩)・八十島らの速攻で9連取する。
その後もメンバーチェンジしながら失点を防ぐ一方、横嶋(か)・永田・翁長・河田・横嶋(彩)らで得点を重ね、32対7で試合終了。
後半は、寺田・橋本のGKコンビが体を張ったキーピングで、シャットアウトする大活躍で、開幕11連勝を飾った。

多くのサポーターの皆様方の後押しを受けて、連勝を伸ばす事が出来、有難うございました。

           15-7
北國銀行  32(     )7  HC名古屋
           17-0

塩田・河田(7m 1点) 各6点、 横嶋(彩)(7m 1点) 5点、 石野・八十島 各4点、 横嶋(か) 3点、 翁長 2点、 角南(唯)・永田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2015.01
18
 本日福井にて行われました日本ハンドボールリーグ第10戦 対 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご報告致します。

 先取点を奪われたが、2分に横嶋(か)の速攻で追い付く。またも1点勝ち越されたが、その後の9分間で、八十島・横嶋(か)のカットイン、横嶋(か)の速攻、横嶋(彩)のカットイン、石野のミドル、横嶋(彩)の7mスロー、横嶋(か)のカットインの7連取で、14分までに8対2と逆転に成功する。
 中盤以降も鰍場・八十島のサイドや塩田のカットイン・ロング、横嶋(彩)のロング等で加点したが、ミスを拾われ、リードを広げる事が出来ずに15対11で前半を終える。
 後半開始早々、横嶋(か)のポストで幸先よくスタートすると翁長・横嶋(か)の速攻、横嶋(彩)のロング、横嶋(か)のポストで6分までに5連取して、20対11と抜け出す。
 その後に2連続失点を喰らうも12分22秒に鰍場の速攻、13分21秒に横嶋(か)のポストで22対13とする。
 中盤から終盤にかけても寺田のファインセーブが冴え渡り、得点を許さない。
 残り10分を寺田・橋本の活躍で無失点に抑え、26対16で試合終了。

 本日も会場まで多くのサポーターの皆様方が駆けつけて頂き、声援を送って頂きました。
 そのおかげで、開幕10連勝を飾る事が出来ました。心から感謝申し上げます。

 来週は、土曜日に金沢でのHC名古屋、日曜日に京都でオムロンと連戦が続きます。
 連勝を伸ばせるよう頑張って行きたいと思います。

          15-11
北國銀行 26(      )16  ソニーセミコンダクタ
          11- 5

得点者:横嶋(か) 8点、 鰍場 5点、 横嶋(彩) (7m1点) 4点、 石野・八十島 各3点、 塩田 2点、 翁長 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.12
28
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
本日行われました第66回全日本総合選手権決勝、 対オムロンとの試合結果をご報告致します。

序盤は1対3とリードを許す展開。
5分53秒に横嶋(彩)が7mスロー、鰍場がサイドで続き、同点にするも2連続失点で10分までに3対5。
13分に角南(唯)がカットインを決めると八十島の速攻も決まり、5対5の同点に追い付く。
その後、7分間で5失点、得点は1点のみで、6対10とリードを許す。
23分48秒に八十島のサイド、28分47秒に鰍場がサイドで2点差に迫る。
残り30秒に7mスローを得るが決めきれず、8対10で前半を終える。

後半開始早々、2連続失点を喰らうが、1分49秒に河田が速攻で7mスローを獲得すると退場者も付いて、7mスローを決めると2分31秒にまたもや河田が速攻を決める。
そのプレーでも退場者も付いて、オムロンのコートプレーヤーが4人になり、パワープレーのチャンス。
そのチャンスに八十島のサイド、横嶋(彩)のカットインで4分に12対12の同点に追い付く。
14分までは、15対15の互角の展開。15分位勝ち越すを許すが、横嶋(か)のポスト2本で逆転に成功する。
残り時間は10分。20分41秒に同点にされたが、22分26秒に横嶋(彩)のロングで勝ち越すと2分後に横嶋(か)の速攻が決まり、残り6分で19対17の2点リード。
そこから3連取され、残り2分45秒で19対20で逆転を許す。
27分50秒に横嶋(彩)がカットインで同点に追い付く。
更に29分28秒に得た7mスローを河田が確実に決め、21対20と逆転し、残り時間を必死に守る。
しかし、残り4秒で同点にされて、延長に突入。

延長前半は相手に勢いがあり、2点リードを許す。
後半開始早々、横嶋(か)のポストで1点返すも同点に出来ない。
3分26秒に退場者を出し、ピンチを迎える。得点を許し、残り1分14秒ではあったが、1人少ない状況の中、河田が意地のロングを決めて、23対24。
最後のチャンスにかけたが、得点を許し、23対25で試合終了。
今年度初の黒星で優勝を逃し、3冠目を獲得出来なかった。

今日も多くのサポーターの皆様方が応援に駆けつけて頂きましたが、その声援に応える事が出来ず、申し訳ありませんでした。
年明けの10日に日本ハンドボールリーグが再開されます。日本ハンドボールリーグでのリベンジを果たせるよう頑張ります。

           8-10
北國銀行 23(       )25 オムロン
          13-11
           0- 2
           2- 2


得点者:横嶋(か)・横嶋(彩)(7m 1点)・河田(7m 2点) 各5点、 鰍場 4点、 八十島 3点、 角南(唯) 1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.12
28
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
12/27に行われました第66回全日本総合選手権大会の準決勝、対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点を奪われたが、河田がロングを打ち込んで、すぐさま同点に追い付く。
その後に横嶋(か)のポスト、塩田・石野がカットインで連取し、8分30秒に4対1とリードを奪う。
12分までに7対4とリードを保っていたが、オフェンスミスが相次ぎ、徐々に追い上げられる。
20分には、9対9と同点にされたが、20分44秒に石野がカットイン、23分47秒に横嶋(彩)が速攻で持ち込み、11対9とリードする。
何とかリードを広げたかったが、終盤に2連取を許し、11対11の同点で前半を終える。
後半立ち上がり、横嶋(か)のカットインが決まり、リードするもすぐに同点に追い付かれる。
4分18秒に横嶋(か)が速攻を決め、またもやリードするが、序盤は14対14と一進一退を繰り返す。
7分58秒と11分21秒に連取されて、この試合初めて2点リードを許す。
タイムアウト後に石野がカットインを決めるが、1点返され再び15対17と2点差。
16分に石野が飛び込み7mスローを獲得すると横嶋(彩)が決めて1点差に、16分46秒にまたもや横嶋(彩)が速攻を決め同点にすると、横嶋(か)のポストで逆転に成功する。
残り10分で18対18の同点。終盤勝負になった。
これまでも体を張ったディフェンスにGK寺田がファインセーブで応えて失点を抑えていたが、残り10分に更に集中力が増し、無得点に抑えると21分13秒に八十島がリバウンドボールに反応し、ポストで決めると、横嶋(か)がポストで2連取、残り50秒に横嶋(彩)がロングを決めて、22対18。そのまま、リードを保って、けっしょうでを果たす。
苦しい時間帯もあったが、全員で粘り強く守って、勝利する事が出来ました。

遠い名古屋まで多くの皆様方に足を運んで頂き、有難うございました。
明日の決勝では、3連覇中のオムロンにチャレンジャーとして挑み、20年振りの優勝を目指して頑張ります。

          11-11
北國銀行 22(      )18  広島メイプルレッズ
          11- 7

得点者:横嶋(か) 8点、 横嶋(彩) (7m 2点) 7点、 石野・八十島 各2点、 鰍場・塩田・河田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.11
29
本日地元小松で行われました日本ハンドボールリーグ第7戦 対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点は、横嶋(彩)のロングが決まる。続いて、塩田もロングを決めて、2対0と幸先いいスタート。
1点返されたが、八十島のサイド、石野・塩田がカットインを決め、6分までに5対1でリードする。
18分までに10対8と追い上げられたが、19分19秒に横嶋(か)のポスト、21分に河田の速攻、24分18秒にも塩田が速攻、24分49秒に石野も速攻を決め、14対8とする。
そこから3連続失点を喰らったが、終了間際に横嶋(彩)がカットインを決め、15対11で前半を終える。

後半立ち上がり、16対13となったが、八十島のサイド、3分50秒に横嶋(彩)がステップ、4分45秒には塩田がロングを決めて、19対13とリードを広げる。
1点返されたが、横嶋(彩)が7mスロー、横嶋(か)の速攻も続き、7分までに21対14とする。
22対17で迎えた9分45秒に塩田がカットイン、横嶋(彩)が7mスロー、またもや塩田がカットインを決めて、25対17と8点リードを奪う。
中盤に2連取されたが、塩田が2連続得点を挙げて、残り時間13分で27対19とし、終盤を迎える。
その後は、消極的になり足が止まる。3連続失点を喰らうも石野がカットインで得点を挙げて、残り8分で28対22。
落ち着いたかと思われたが、またもや2連続失点。ここでも石野がカットインで流れを渡さない。
残り5分に2名の退場者を出し、4失点したが、29対28で逃げ切り、開幕7連勝を飾った。

1,100名を超すサポーターの皆様方のご声援のおかげで、勝利する事が出来ました。心より感謝申し上げます。
この後、ブレイク期間を挟み、年明け後の1月10日に小松でまたも広島メイプルレッズを迎えて、8戦目を戦います。
連勝を続けられるよう、課題を修正して、臨みたいと思います。

           15-11
北國銀行  29(      )28  広島メイプルレッズ
           14-17


塩田・横嶋(彩)(7m 2点) 各8点、 石野 6点、 横嶋(か) 3点、 八十島 2点、 鰍場・河田 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.11
25
昨日地元小松にて行われました日本ハンドボールリーグ第6戦 対 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。

八十島のサイドで先制したが、すぐに同点に追い付かれる。
しかし、八十島がカットインを連続して決める。その後、河田の2本の7mスロー、塩田の速攻で12分までに6対1とリードする。
2点づつ取り合った15分から三重の猛攻にあう。4連取されて、19分には8対7の1点差に詰め寄られる。
10対9で迎えた24分から八十島のサイド、塩田の速攻、横嶋(彩)のロングで3連取し、13対9とする。
結局、15対11の4点リードで前半を終える。

後半に入ると横嶋(彩)が大爆発。
10分までに速攻・ロング・カットインで5得点挙げる活躍で、チームに勢いをもたらす。
更に八十島のサイド、横嶋(か)のポストも決まり、13分には24対13とリードを広げる。
中盤以降は、永田の2本のポストや塩田・河田・後藤の速攻、角南(唯)のロングで加点し、36対23で開幕6連勝を飾った。

地元小松で多くのサポーターの皆様方の声援を受けて、6連勝を飾る事が出来ました。
熱いご声援を有難うございました。来週も地元小松で首位攻防戦となる 広島メイプルレッズとの対戦があります。
皆様方のご声援を賜りますよう、宜しくお願いします。

           15-11
北國銀行  36(      )23  三重バイオレットアイリス
           21-12

横嶋(彩)(7m 1点) 8点、河田(7m 3点)・八十島 各6点、 塩田 5点、 角南(唯) 3点、 鰍場・石野・永田 各2点、 横嶋(か)・後藤 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.11
23
昨日広島にて行われました日本ハンドボールリーグ第5戦 対 ソニーセミコンダクタとの試合結果をご報告致します。

先取点は開始40秒、鰍場がポストシュートを決める。
12分までは3対4とロースコアの展開。ストレスの貯まる序盤。
12分43秒に鰍場がサイドを決めて同点に追い付く。16分38秒にまたもや鰍場がサイドを決めて、5対4と勝ち越しに成功する。
17分に石野が速攻を決めて、7対5。
1点返されたが、18分に石野がカットイン、横嶋(彩)が7mスロー、鰍場の2本の速攻と塩田の速攻を決め、5連取して、11対5とリードを広げる。
しかし、終盤に4連続失点で11対9で前半を終える。
後半も先手を取る。まず、33秒に石野が速攻、1分52秒にも石野がカットイン、3分35秒に八十島が速攻、パワープレーのチャンスに得た7mスローを横嶋(彩)が確実に決め、15対9とする。
16対10で迎えた9分に得点を奪われたプレーで退場、更に40秒後にも退場者を出したが、寺田がファインセーブ、ディフェンス陣も踏ん張り、このピンチを7mスローの1点で凌ぎ、14分までに19対14でリードを保つ。
しかし、またもや退場者を出し、2失点を喫する。逆に18分42秒にパワープレーのチャンスを得る。この7mスローも横嶋(彩)が決めて、流れを渡さない。
角南(唯)もサイドで続き、21対16と5点差に戻す。
1点返されたが、終盤に横嶋(か)のポスト、八十島のサイド・速攻で3連取し、24対17とする。
結局、25対19で守り勝ちして、開幕5連勝を飾る。

第6戦は明日の24日地元小松で、三重バイオレットアイリスと対戦。

11/24(月)13:00~ 開催地:石 川  義経アリーナ(末広体育館)
対戦:北國銀行×三重バイオレ


           11-9 
北國銀行  25(      )19  ソニーセミコンダクタ
           14-10

鰍場・横嶋(彩)(7m 3点)・八十島 各5点、 石野 4点、 塩田・横嶋(か) 各2点、 角南(唯)・後藤 各1点 

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.10
23
第39回日本ハンドボールリーグ SEASON 2014-2015

【レギュラーシーズン】
 2014/10/25(土)~2015/03/08(日)
 ☆チーム3回戦総当たりリーグ戦で順位を争います☆

【プレーオフ】
 女子:2015/02/28(土)~03/01(日)  小松総合体育館!!!
 ☆レギュラーシーズン上位4チームのトーナメント!で順位を争います☆

【北國銀行試合予定】
第1週 開催日時:10/25(土)12:00~ 開催地:岩 手  岩手県営体育館 対戦:北國銀行×三重バイオレ
第2週 開催日時:11/1(土)15:15~ 開催地:愛 知  ブラザー体育館 対戦:HC名古屋×北國銀行
第2週 開催日時:11/3(月)13:00~ 開催地:石 川  小松総合体育館 対戦:北國銀行×オムロン
第3週 開催日時:11/9(日)11:00~ 開催地:熊 本  山鹿市総合体育館 対戦:北國銀行×飛騨高山ブラ
第5週 開催日時:11/22(土)15:00~ 開催地:広 島  東区スポーツセンター 対戦:ソニーセミコ×北國銀行
第5週 開催日時:11/24(月)13:00~ 開催地:石 川  義経アリーナ(末広体育館) 対戦:北國銀行×三重バイオレ
第6週 開催日時:11/29(土)12:00~ 開催地:石 川  小松総合体育館 対戦:北國銀行×広島メイプル
第9週 開催日時:1/10(土)18:00~ 開催地:石 川  小松総合体育館 対戦:北國銀行×広島メイプル
第9週 開催日時:1/12(月)15:30~ 開催地:岐 阜  飛騨高山ビッグアリーナ 対戦:飛騨高山ブラ×北國銀行
第10週 開催日時:1/18(日)14:00~ 開催地:福 井  北陸電力福井体育館フレア 対戦:北國銀行×ソニーセミコ
第11週 開催日時:1/24(土)15:00~ 開催地:石 川  金沢市総合体育館 対戦:北國銀行×HC名古屋
第11週 開催日時:1/25(日)15:00~ 開催地:京 都  島津アリーナ京都 対戦:オムロン×北國銀行
第13週 開催日時:2/8(日)13:00~ 開催地:石 川  小松総合体育館 対戦:北國銀行×飛騨高山ブラ
第13週 開催日時:2/11(水)14:00~ 開催地:広 島  中区スポーツセンター 対戦:広島メイプル×北國銀行
第14週 開催日時:2/14(土)13:00~ 開催地:石 川  金沢市総合体育館 対戦:北國銀行×ソニーセミコ
第14週 開催日時:2/15(日)15:00~ 開催地:三 重  鈴鹿市立体育館 対戦:三重バイオレ×北國銀行
第15週 開催日時:2/21(土)15:15~ 開催地:愛 知  ブラザー体育館 対戦:HC名古屋×北國銀行
第15週 開催日時:2/22(日)13:00~ 開催地:愛 知  ブラザー体育館 対戦:北國銀行×オムロン

第39回日本ハンドボールリーグ 北國銀行チーム情報
2014.10
21
Category : '14-15
第69回国民体育大会決勝 対 熊本県(オムロン)との試合結果をご報告致します。

決勝は4年連続で熊本県との対戦。
鰍場のポスト、横嶋(彩)のカットインで幸先よく2連取。しかし、すぐさま2点を返される。
6分に翁長がカットインを決めるとGK寺田を中心にディフェンスが機能し、得点を許さない。
10分30秒に横嶋(彩)が7mスローを決める。その後はディフェンスでの粘りあい、15分に角南(唯)がロングを決めて、5対2とする。
16分にも河田がロングを決めて、6対2.20分23秒に横嶋(彩)が7mスローで得点。5連取して、7対2と主導権を握る。
その後はミスが続き、8対7で前半を終える。

後半開始3分38秒に同点にされるも八十島がサイドで飛び込み9対8。
6分に同点にされたが、またもや八十島がサイド、更に速攻も決める。横嶋(彩)も速攻で続き、12対9とする。
13対11で迎えた12分にこの日絶好調の八十島がサイド、更にもう一人の絶好調の横嶋(彩)がカットインで続くと、八十島が速攻を決めて、16分に16対11とリードを奪う。
その後、3連取されるが、ここでも踏ん張ったのが寺田。若泉・石野のセンターディフェンスが体を張って守ると、飛んで来たシュートを寺田が止める。
苦しい時間帯であったが、何とか凌ぎ、17対16と1点リードで、残り20秒でマイボール。
マンツーマンディフェンスを仕掛けられるが、マークを外した横嶋(か)がパスを受けて飛び込み、7mスローを誘う。
そこでタイムアップを迎え、優勝が決まったが、最後も横嶋(彩)がきっちり決めて、18対16で2年連続7回目の優勝を飾る。

厳しい試合であったが、最後まで粘り強く戦えた結果だと思う。
来年も3連覇を目指して頑張ります。
遠くまで応援に駆けつけて頂き、有難うございました。

          8-7
石川県  18(     )16  熊本県(オムロン)
         10-9


横嶋(彩) (7m 3点) 8点、 八十島 5点、 河田 2点、 鰍場・角南(唯)・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.10
19
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
第69回国民体育大会準決勝 対 広島県(広島メイプルレッズ)との試合結果をご報告致します。

開始早々2連取され、追い掛ける展開。
10分までは、5対6とリードを許す。10分36秒に鰍場のサイド、横嶋(彩)のロング、角南(唯)のサイドで3連取し、逆転に成功する。
このままいきたいところであったが、逆に3連取を許し、またもや追い掛ける展開になったが、25分41秒に横嶋(か)のポストで11対10とする。
その直後のディフェンスで7mスローを奪われる。その7mスローを寺田がファインセーブして、流れを引き寄せる。
河田のカットイン、鰍場のサイド、翁長がパスカットから速攻に持ち込み、終盤に4連取して、14対10で前半を終える。
後半開始早々、横嶋(か)のポストで得点を挙げるも中々抜け出せない。
19対16で迎えた13分に横嶋(彩)のカットイン、八十島のサイドで21対16とする。
そこから2点返されるが、横嶋(彩)がカットイン・ポストで連続得点を挙げて、21分30秒に24対18で6点のリードを奪う。
4点差に詰め寄られるが、河田のカットイン、八十島のサイド・速攻で7点差にする。
終了間際に得点され、結局28対22で勝利する。

国体2連覇と今シーズン2冠目を目指して、熊本県(オムロン)と対戦します。
北國らしいハンドボールを展開し、頑張りますので、ご声援を賜りますよう、宜しくお願い致します。


         14-10
石川県  28(      )22  広島県(広島メイプルレッズ)
         14-12

横嶋(彩) 6点、 鰍場・八十島 各5点、 石野・河田(7m 1点) 各3点、 角南・横嶋(か)・翁長 各2点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.10
18
Category : '14-15
第69回国民体育大会(長崎国体)の2回戦 対 香川県(香川銀行)が昨日行われ、前半を15対6、後半を13対4の28対10で勝利し、本日の準々決勝に進出。

準々決勝は、東京都(東京女子体育大学)との対戦。
序盤からGK寺田を中心としたディフェンスが機能し、得点を抑えた一方、八十島がサイド・速攻で5得点、横嶋(か)のポスト、横嶋(彩)の7mスロー等でリードを奪い、15分までに12対1とした。結局、15対4で前半を終える。

後半も横嶋(か)のポスト、八十島・河田の速攻等で、11分までに23対6とリードを広げた。
その後、メンバーを入れ替えるも勢いを増し、35対13で試合終了。

準決勝で広島県(広島メイプルレッズ)と対戦。
自分達のハンドボールを展開し、勝利を目指して頑張ります。

         15-4
石川県  35(     )13 東京都
         20-9


八十島 11点、 横嶋(彩) 6点(7m 3点)、 横嶋(か) 4点、 鰍場・河田 各3点、 角南 唯・石野・後藤 各2点、 永田・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2014.08
27
Category : '14-15
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
23日・24日に小松末広体育館にて行われた、第35回北信越国体の試合結果をご報告致します。

10月に長崎県にて行われる、第69回国民体育大会の予選を兼ねた大会で、今年は北信越より2チームの派遣という事もあり、5県のリーグ戦で開催されました。

23日(土)の1戦目は、長野県との対戦。

石野の速攻で先取点を挙げると現役の大学生を中心とした長野県の攻撃を守り、多彩な攻撃で点差を広げ、18対4で前半を終える。
後半に入っても永田・横嶋(彩)らで得点を重ね、守ってもGK寺田を中心に失点を防ぎ、35対6で勝利した。
2戦目は、富山県との戦い。
有望な大学生に経験豊富な日本リーグOGを加えたメンバー構成。一昨年まで当部で活躍した若松 里佳も相変わらずの好技で、チーム貢献していました。
内容は、横嶋(彩)・河田・鰍場らで得点を挙げる一方、豊富な運動量で良く守り、前半を19対7とした。
後半は、横嶋姉妹の実妹である横嶋 遥選手に4得点を奪われるも万遍なく得点を重ね、34対12で2勝目を挙げた。

24日(日)は、まず新潟県との対戦。
前半は、八十島が12得点を挙げる活躍でリードを広げ、24対0で終えた。
後半も横嶋(彩)・河田らの活躍で得点を重ね、45対2で3勝目を挙げた。

最終戦は、福井県との対戦。
八十島の連続得点で幸先よくスタートしたが、福井県の粘りにあい、リードを広げられない。
結局、16対8で前半を終える。
後半は、永田・翁長らの活躍が光り、32対12で勝利した。
4戦全勝の1位で本国体の出場権を獲得した。

本国体では、2連覇を目指して頑張ります。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)