RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
14
日本リーグ2連覇をかけて臨んだ、プレーオフ決勝が11日に駒沢体育館で行なわれました。

前日の準決勝でレギュラーシーズン3位のソニーセミコンダクタを破り、決勝に駒を進めたのは、同じく2位のオムロン。
レギュラーシーズンでは、2勝1分と勝ち越しているものの、日本代表6名、韓国代表1名を擁する布陣は、油断ならない相手。

先取点を奪われたが、すぐさま樋口が決めて同点。
4分に1対3とリードを許すが、石野がロング・カットインを決めれば、エース上町がロングを決めて、9分に逆転する。
13分までは、何とかペースを保ちながら、6対6と互角の展開。
そこから、足が止まり、ミスを連発。そこにシュートミスも重なり得点を伸ばすことが出来ない。
ディフェンスは、田代が再三の好キープでゴールを阻止。コートプレーヤーも体を張ったディフェンスで踏ん張るが、前半を7対9とされて、終える。

後半立ち上がり、横嶋のポスト、八十島の速攻が決まり、同点に追いつく。
畳み掛けたいところであったが、プレッシャーからか動きが固い。そこに退場者が出て、17分には、10対15とリードを許す苦しい展開。
そんな中、田代を中心としたディフェンスが機能し始め、エース上町が7mスローにランニング、カットイン等で得点を挙げて、残り4分で、15対17と2点差。
射程距離に収めたが、捕らえきれず、2連覇を逃した。

地元石川からいつも熱い応援を展開して頂いているサポーターの皆様、県協会の皆様方や銀行関係者の皆様方や選手の出身大学の後輩の皆様、ご父兄の皆様方と多くの皆様方のご声援を受けながら、2連覇を目指しましたが、自滅の形で優勝する事が出来ず、大変申し訳なく思います。
レギュラーシーズンでは、多くの怪我人が出て苦しい台所事情の中、起用した選手が持ち味を発揮し、3年連続1位を獲得。
プレーオフに向けて、怪我人も復帰して、手応えを感じながらの東京入りでしたが、唯一の不安であるスタミナの面が露出。
体力面・コンビ面・試合勘のスタミナが不足して、攻撃が不発に終わり、優勝する事が出来ませんでした。
1年間、全力でご声援を頂きました皆様方へ心から御礼申し上げますと共に来年度も変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
来年こそは、リベンジを果たす為にチーム一丸となり精進する事をお約束致します。

           7-9
北國銀行  15(    )18  オムロン
           8-9

上町 6点(7m 2点)、 石野・横嶋 各2点、
樋口・小野澤・仲宗根・八十島・屋嘉 各1点


北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2012.03
13
Category : '11-12
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合結果

▽プレーオフ決勝
 日時:2012年03月11日(日)15:15~
 会場:駒沢体育館(東京都)
 オムロン 18(9-7‚9-8)15 北國銀行

 レギュラーシーズン3年連続1位も、プレーオフで破れ優勝を逃す。
 オムロンは、3年ぶり15回目の優勝。

 
2012.03
06
Category : '11-12
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽プレーオフ決勝
 日時:2012年03月11日(日)15:15~
 会場:駒沢体育館(東京都)
 対戦相手:オムロンorソニー九州
 

大きな地図で見る
2012.03
05
JHL最終戦、三重バイオレット戦。

石野のカットインで先制、続いて屋嘉の速攻、上町の7mスローで3連取。
1点返された後、小野澤の速攻・ポスト等で6連取して、主導権を握る。
中盤にミスからの失点で追い上げられるも上町・小野澤の速攻等で突き放し、16対7で前半を終えた。
後半も小野澤・上町を中心に得点を重ね、28対14で試合終了。
結局、レギュラーシーズンを11勝1敗3分けで、1位。
プレーオフ決勝に駒を進めた。

           16-7
北國銀行  28(     )14  三重バイオレットアイリス
           12-7

上町 10点(7m 2点)、 小野澤 8点、 石野 3点、
若泉・樋口・横嶋・翁長・野路・若松・屋嘉 各1点

個人賞は、以下の通り。
最優秀選手賞     田 代  ひろみ  (初)
得点王          上 町  史 織  (3回目) 121点
フィールド得点賞    上 町  史 織  (初)     88点
シュート率賞      小野澤  香 理  (2回目) 0,790
ベストディフェンダー賞  小野澤  香 理  (3回目)
ベストセブン賞      田 代  ひろみ  (4回目)
              上 町  史 織  (5回目)

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.03
05
土曜日に鹿児島にて行なわれました日本リーグ第14戦 対 ソニー、日曜日に佐賀にて行なわれました日本リーグ最終戦、対 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。

まずは、ソニー戦。
2連取されてスタート。5分30秒に小野澤の得点で1点返すものの、リズムが噛み合わず、先手先手を許し、25分には、5対10とリードを許す。
何とか反撃を試みるも追い上げには至らず、結局、7対14で前半を終える。
後半、チャンスを作るが決める事が出来ず、失点を重ねて、リードを広げられる。
中盤、八十島・樋口・小野澤の速攻で追い上げたが、好守に精彩を欠き、捕らえることが出来ず、今リーグ初黒星を喫した。
最終スコアは、18対28。
レギュラーシーズン1位を決めているが、翌日の最終戦を北國らしい展開で、プレーオフに弾みをつけたい。

            7-14
北國銀行  18(      )28  ソニー
           11-14

上町 7点(7m 2点)、 小野澤 6点、 八十島 3点、樋口 2点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
27
小松にて行なわれたホーム最終戦となる、日本リーグ第13戦の対 HC名古屋。

先取点は、小野澤が速攻で持ち込み先制。
13分までは、4対3と互角の展開。
名古屋に2名の退場者が出た隙に上町の7mスロー、小野澤のポスト、若松のサイド、小野澤の速攻が決まり、8対3と主導権を握る。
1点返された後も仲宗根のカットイン等で4連取して、前半を15対7で折り返す。

後半も小野澤のポスト、上町のロング、樋口のカットイン等で得点し、8分までに20対11とリードを保つ。
復帰した屋嘉のシュートを歯切りに怒涛の8連取。
その後も上町の3連続ゴールを含めた連続ゴールで、優位に展開し、最後は4月入社予定の樽井が決めて、34対14でホーム最終戦を飾ると共に、レギュラーシーズン1位を決定させる10勝目を挙げる。

シーズンを通して、怪我人が続出し、苦しいシーズンでしたが、サポートをはじめとします、多くの皆様方のご声援のお蔭で3年連続1位を勝ち取ることが出来ました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

残り2戦を精一杯戦い、3/11日のプレーオフ決勝で大輪の花を咲かせたいと思っておりますので、変わらぬご声援を頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。
            15-7
 北國銀行  34(     )14  HC名古屋
            19-7

上町  11点(7m 3点)、 小野澤 10点、 屋嘉 4点
樋口  3点、 若松  2点、  樽井・後藤・仲宗根・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
20
昨日、熊本にて行なわれました日本リーグ第12戦 対 三重バイオレットアイリスとの試合結果をご報告致します。
この試合に勝利するとプレーオフ進出が決定する大事な1戦。

エース上町の7mスローを歯切りに小野澤の速攻、八十島のサイド、小野澤が連続でポストシュートを決めて、6分には5対0とする。
その後、シュートミス等があり、3連取されたが、12分24秒の野路のサイドシュートに始まり、上町が7mスロー3点、ロング・速攻等で7点、小野澤の3本の速攻、若松・野路がサイド、仲宗根のロング、後藤の速攻、そして、右膝前十字靭帯断裂の大怪我から復帰した屋嘉の復活の速攻シュートが決まり、16連取で21対3と大きくリードする。
最後は、1点ずつ取り合い、22対4で前半を終了。

後半に入ってもその勢いは止まらず、上町を中心にした攻撃陣で得点を重ねる一方、田代・寺田のGK陣を中心にしたディフェンスが、相手の得点を単発に抑えて、37対13で終了。
エース上町が16得点、ベテラン小野澤もポスト・速攻で7得点挙げる活躍、田代・寺田の両GKも好守を連発させ、快勝でプレーオフ進出を決定させた。

来週は、地元の最終戦である、対 HC名古屋戦が小松市総合体育館で行なわれます。
そこで勝利すると3年連続レギュラーシーズン1位が決定します。
皆様方の熱いご声援で、選手達に力を与えて頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

           22-4
北國銀行  37(     )13  三重バイオレットアイリス
           15-9

上町 16点(7m 6点)、 小野澤 7点、 仲宗根・野路 各3点
後藤・八十島 各2点、 若泉・石野・若松・屋嘉 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
19
昨日、鹿児島にて行なわれた、日本リーグ第11戦の対 広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

先取点は、若松のサイドシュート。
1対1とされた後、小野澤のポスト、上町の7mスロー、石野の速攻で3連取、6分には4対1とする。
しかし、速攻のシュートミス等が重なり、リードを広げられない。
13分に上町の7mスローで6対3としたが、それから10分間で1得点のみ、失点は6点を数え、逆転を許す。
23分に上町のロング、若松の速攻で追い付く。終了間際に得点を許し、12対13で前半を終える。

前半立ち上がり同様、小野澤のポスト・速攻、若松のサイドで3連取、逆転して勢いに乗りたい所であったが、退場者を出して、1点差となる。
13分30秒に19対19の同点にされるも、クイックスタートから翁長がカットインシュートを決めて、更に7mスローを田代がシャットアウトし、小野澤がポストを決めて、18分には21対19とする。
1点返された後、再び小野澤がポストで粘り強く決めて22対20。
勝利を手繰り寄せるには、ダメ押しが必要な時間帯であったが、ミスが出て突き放せない。逆に3連取されて、追いかける展開に。
それでも、26分に上町がステップ、27分に小野澤がポストシュートを決めて、再逆転。
そのまま逃げ切りを図るが、同点にされ、尚も退場者を出してピンチを迎えるが、全員の気迫あるディフェンスで凌ぎ、24対24の引き分けで
タイムアップ。

何度か突き放すチャンスがあったにも関わらず、ミスで追い付かれて、勝利することが出来なかった。
プレーオフに向け、更に精度を向上させて、どのような展開の中でも勝ち抜ける力をつけて行きたい。

           12-13
北國銀行  24(      )24  広島メイプルレッズ
           12-11

上町 8点(7m 3点)、 小野澤 7点、 若松 4点、 
後藤 2点、 石野・翁長・八十島 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
12
昨日、小松に2位オムロンを迎え、首位攻防戦の試合結果をご報告致します。

前半立ち上がり、固さからかミスを連発。それを速攻に結び付けられ、10分には0対4とリードを許す。
仲宗根のロングが決まり、落ち着きを取り戻した後、小野澤が速攻を決め、11分に2対4。
1点返された後、再び仲宗根がロングを決める。更に若松、後藤、八十島の連続速攻が決まり、15分に6対5と逆転に成功。
その間、GK田代がファインセーブを連発して、チームに勢いを与える。
24分まで一進一退が続き、9対10とリードされた場面で、小野澤が速攻、上町がステップを決め、終了間際にも7mスローを上町が落ち着いて決め、12対10と2点リードで折り返す。

後半も田代の好セーブから始まり、15分まで1失点に抑える。
それをゴールに結びつけたいところであったが、速攻でミスが相次ぎ、得点を挙げられず、13対11。
重苦しい展開の中、相手のパスミスを仲宗根から小野澤に速攻パスが通り、後半やっと2点目を得る。
再三のチャンスを生かすことが出来ない中、田代が孤軍奮闘、相手の
シュートを次々に弾き返す。
19分に上町が速攻を決めた後、22分48秒に新人 後藤が値千金のミドルシュートを決めて、16対12。この試合初めてリードを4点とする。
残り7分も田代が大車輪の活躍で、2失点に抑え、最後は上町がカットインを決めて、17対14で8勝目を挙げる。

ディフェンスにおいては、連動性が復活し、更に田代の活躍で踏ん張れたものの、オフェンスにおいては、イージーミスが多く、得点が伸びなかった。
しかし、多くのサポーターの皆様方のご声援のおかげで、レギュラーシーズン1位に向けて、大きな1勝を勝ち取った。

来週は、九州での広島メイプル、三重バイオレットの2連戦です。
北國らしいハンドボールを展開して、連勝するように頑張りますので、変わらぬご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

           12-10
北國銀行  17(      )14  オムロン
            5- 4

上町 5点(7m 1点)、 小野澤・後藤 各3点、 
仲宗根・八十島 各2点、 石野・若松 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.02
08
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第13週
 日時:2012年02月11日(土)13:00~
 会場:小松総合体育館(石川県)
 対戦相手:オムロン
2012.02
08
広島で行なわれた日本リーグ第9戦、広島メイプルレッズとの試合結果をご報告致します。

若松の速攻で先取点を挙げ、7分までは、5対4と1点リードを奪う。
しかし、5連続失点を喰らい、5対9とされたところでタイムアウト。
ボール回しのリズムの悪さ、運動量の無さ、壁の意識の薄さなどを指摘、少しは解消されたものの、9対13とリードを許した24分。
仲宗根のカットイン、翁長・若泉が速攻で持ち込み、1点差に詰める。
2点差にされたが、終了間際に仲宗根が決めて、13対14で前半を終える。

後半に入り、仲宗根のカットイン、若松のサイド、八十島の速攻が決まり、16対14とリードする。
13分に再逆転を許すも後藤のカットイン、八十島の2本のサイド、石野の速攻が決まり、16分に22対19と3点のリード。
そこから一気に行きたいところであったが、シュートミスを連発。波に乗れずに4連続失点で、23分にまたもや逆転を許す。
石野、上町で逆転するが、2連取されて、27分38秒に逆転される。
最後は、小野澤がポストを決めて同点、引き分けに持ち込む。
前半の立ち上がりから15分までにリズムを取る事が出来ず、それが尾を引いた形となり、北國らしさを出せずに試合終了。

3本の7mスローを止め、体を張ったキーピングで存在感を示した田代、2試合連続で活躍した八十島など明るい材料もあったが、課題の残る試合であった。

ホームと勘違いするほどの大応援団を結成して頂き、心より感謝申し上げます。
選手達は、皆様方のご声援に応えようと必死にプレーしましたが、結果を出す事が出来ず、申し訳ありませんでした。
来週は、小松に2位のオムロンを迎え、首位攻防戦が繰り広げられます。是非、会場へ足を運んで頂き、皆様の熱いご声援で選手達を後押し頂きたく、お願い申し上げます。

           13-14
北國銀行  25(      )25  広島メイプルレッズ
           12-11

上町・八十島 各5点、 小野澤 4点、 石野・仲宗根 各3点、
若松 2点、 若泉・後藤・翁長 各1点
::more
2012.02
02
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第12週
 日時:2012年02月04日(土)14:00~
 会場:中村スポーツセンター(愛知県)
 対戦相手:広島メイプルレッズ
2012.01
25
Category : '11-12
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第11週
 日時:2012年01月29日(日)15:00~
 会場:金沢市総合体育館(石川県)
 対戦相手:ソニーセミコンダクタ九州


より大きな地図で 金沢市総合体育館 を表示
2012.01
24
日本リーグ第7戦 対 HC名古屋との試合結果をご報告致します。

先取点を奪われるも、仲宗根の2連続ゴールで逆転。
9分には4対3とされるが、上町の7mスロー、石野のステップ、若松のサイド、再び石野が速攻を決めて、序盤の主導権を握る。
1点返された16分から28分までに7連取して、15対4とする。
結局、16対5で前半を終える。

田代が要所で好セーブを連発して、チームに勢いを与えた。
後半に入ってもディフェンスが機能し、田代が確実に止めて、速攻に持ち込み、後半だけでも4度の4連取で点差を広げて、終わってみれば36対12で勝利する。

今週日曜日には、地元金沢でソニーを迎え撃つ。
ソニーは、先週のオムロンとの対戦を接戦でものにして、勢いに乗っていますが、北國らしいハンドボールを展開して、勝利を目指して頑張りますので、多くの皆様のご声援を宜しくお願い申し上げます。

           16-5
北國銀行  36(     )12  HC名古屋
           20-7

上町 10点(7m 6点)、 小野澤・八十島 各5点、
石野・仲宗根 各4点、 若松 3点、 翁長 3点(7m 1点)、
若泉・後藤 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.01
20
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合日程

▽第10週
 日時:2012年01月22日(土)16:30~
 会場:愛知県体育館(愛知県)
 対戦相手:HC名古屋

 
より大きな地図で 愛知県体育館 を表示
2012.01
16
皆様、新年 明けまして おめでとうございます。
今年も昨年以上に頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

昨日、熊本にて行なわれました首位攻防戦の対 オムロン。
年末の全日本総合選手権では、1点差で敗れ、悔しい思いをしました。
そのリベンジを果たすべく、臨んだ年明けの第1戦。

先取点を奪われたが、樋口がカットインで同点。
1対2とリードを許した3分19秒、小野澤がポストで捻じ込み同点。
更に石野のロング、上町の7mスローで5分には、4対2とリードする。
10分44秒に得点を許した時点で、7対6。
11分・13分に樋口・上町がカットインを決めて、9対6と序盤をリードした。
14分、上町のステップが決まり、10対7。
そのまま、リードを広げたい場面であったが、1点を返された後に退場者を出して、連続失点を喰らい、19分に10対10の同点。
終盤は、小野澤のポスト、上町の速攻等で、優位に進め、15対14で前半を終える。

後半すぐに同点とされるも石野のロング、上町のカットインで、17対15。
1点返された後、小野澤の見事なピポット、上町のステップ、仲宗根のランニングシュートで8分には、この試合最大の4点差にする。
ここから一気に流れを引き寄せたい所であったが、2点を返された後、退場者を出し、更に1点加えられ、11分26秒には、20対19の1点差に。
この苦しい場面で仲宗根が技ありのロングを決めて、持ち直すかと思われた直後、もう一人退場者を出し、ピンチが続く。
同点にされ、勝ち越しも許し、追いかける展開に。
25分37秒に得点を許し、23対25とされる。
この試合の中でも再三のピンチを田代が救ってきたが、勝負所でも存在感を示し、それに後押しされるかのようにコートプレーヤーが躍動。
26分にエース上町が7mスローを阻止されたが、石野がロングを決めて、反撃の狼煙を上げる。
27分41秒に得点を許すも仲宗根のロング、エース上町がパスカットからの速攻を決めて同点。
残り1分を切った所でマイボールに。ここでも上町がエースの意地を見せて、勝ち越しゴールを奪う。
残りの時間を全員で守りに抜き、27対26で勝利する。

年末年始から原点に立ち返り、やってきた成果が出た試合でもあったが、まだまだ精度を上げなければいけないプレーも数多くあった。
しかし、キャプテン田代を中心にまとまり、各自が責任を果たしながら、チーム力で勝ち取った1勝。
次週の試合もこの様な試合をしながら、成長していきたい。
皆様の変わらぬご声援を宜しくお願いします。

           15-14
北國銀行  27(      )26  オムロン
           12-12

上町 10点(7m 1点を含む)、 樋口・石野・仲宗根 各4点、
小野澤 3点、 翁長・若松 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2012.01
12
第36回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合日程

▽第9週
 日時:2012年01月14日(土)16:00~
 会場:山鹿市総合体育館(熊本県)
 対戦相手:オムロン
2011.12
27
Category : '11-12
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
大阪教育大学との初戦を34対22で勝利し、準決勝へ駒を進め、昨日の準決勝、オムロンとの対戦。

先取点を奪われたが、田代の好キーピングから石野・上町のロング、若松のサイド・速攻、石野の速攻が決まり、5対1と序盤をリード。
16分に7対7とされるも仲宗根のロング、若泉の速攻が決まり、18分には9対7とする。
そのまま、リードを広げたかったが、退場者を出して、リズムに乗れずに一進一退を続ける。
石野のカットインが決まった27分には、13対12とリードするが、3連取されて、逆転を許す。
終盤に1点づつ取り合い、14対16で折り返す。

前半と打って変わって、なかなか得点が出来ずに重苦しい展開。
小野澤のポスト、石野のステップ、上町の7mスローで、11分に同点に追いつく。
その後、2連取されたが、2連取して離れない。
17分・18分に再び2連取され、19対21。
19分34秒には、エース上町が3回目の退場で失格し、7mスローのピンチ、それを寺田が阻止して、踏ん張る。
残り3分には、21対25とされるも若松のサイド、翁長が自ら得た7mスローを決め、更に石野がロングを決めて、24対25と1点差に詰め寄る。
ラストチャンスをかけたディフェンスで守り、残り15秒で相手CPは5人。
翁長が絡みながらカットインシュートを放ち、7mスローかと思われたが、無情にもノーホイッスル。結局、24対25で試合終了。

昨年のリベンジ、今年度の3冠目も果たせなかった。
多くの皆様方のご声援を頂きながら、勝利することが出来ず、申し訳ありませんでした。
年明けからのリーグ再開に向けて、この敗戦を忘れず、更に精進を重ねますので、変わらぬご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

           14-16
北國銀行  24(      )25  オムロン
           10- 9

上町 6点、 石野・若松 各5点、 樋口 4点、 
若泉・小野澤・翁長・仲宗根 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.12
20
Category : '11-12
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
平成23年度 第63回全日本総合ハンドボール選手権大会
北國銀行ハニービー試合予定
(順調に勝ち進んだ場合の予定です)

▽第3日
 2011/12/23 12:00~
▽第4日
 2011/12/24 12:00~ 
▽最終日
 2011/12/25 13:00~ 

会場:横浜国際プールスポーツフロア

大きな地図で見る
2011.11
14
名古屋市にて行なわれました、日本リーグ第5戦の対 広島メイプル戦。
昨日の引き分けを取り戻そうと臨んだ1戦。

先取点は、樋口の技ありのステップシュートが決まる。
更に鰍場がサイドで飛び込み、3分には2対0。
その後は、上町の3連続ゴール等で、一進一退の展開。
7対8とリードされた15分。またもや上町がロング2本とカットインを決めて逆転。更に横嶋のポスト、それに続いてビックプレーが出る。
広島が1人退場で仕掛けた6人攻撃に、鰍場が絶妙のタイミングでパスカット。それをGKのいない広島ゴールへ超ロングシュートを決める。
その勢いを持続させ、前半だけで9得点を挙げた上町の活躍もあり、18対13の5点リードで折り返す。

後半も勢いを持続させたかったが、相手の勢いを止められず、一進一退を繰り返す。
序盤は、八十島の効果的なサイドシュートが決まり、中盤は、樋口のカットイン、仲宗根のランニングシュート等で得点を挙げる。
25対22とリードして迎えた残り10分。
21分にゴールを許し、2点差。嫌なムードが立ち込める中、鰍場が速攻を決める。残り7分30秒で、再び3点差に戻す。
24分に1点を返されるも上町のロング、八十島のサイドが決まり、残り4分で28対24の4点リード。
シュートミスから2連続失点を喰らい、28分には28対26とされたが、樋口が鮮やかなスカイシュートを決めて、29対26とする。
残りの1分18秒を田代を中心に体を張ったディフェンスで踏ん張り、リーグ4勝目を挙げる。

終盤の2試合で怪我人が出てしまい万全ではありませんが、世界選手権大会を挟んだブレイク期間を有効に使い、更にチーム力を向上させたいと思っておりますので、皆様方の温かいご声援を宜しくお願い致します。

           18-13
北國銀行  29(      )26  広島メイプル
           11-13

上町 10点(7m 2本)、 樋口 7点、 鰍場 5点、
八十島 4点、 横嶋・後藤・仲宗根 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)