RSS
Admin
Archives

VIVA!北國ハンド

北國銀行ハンドボール部「北國銀行ハニービー」の応援ブログです。

About this blog
VIVA!北國ハンド

 「VIVA!北國ハンド」は、日本ハンドボールリーグ(JHL)の北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援する個人によるブログです。
 掲載されている試合結果や個人成績などは、公式のものではありません。
 写真等は、北國銀行ハンドボール部のご厚意のもと掲載しています。
 

NEXT GAME

2014-2015 Season
 北國銀行試合予定

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
プロフィール

ぺん太郎

Author:ぺん太郎
 北國銀行ハンドボール部(北國銀行ハニービー)を応援するハンドボール素人です。
 不精者故、更新が滞ることもありますが、どうぞよろしくお願いします。

VIVA!北國ハンド管理人
 ぺん太郎

お便り
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
30
地元金沢にソニーを迎えた、日本リーグ第8戦。

若松の速攻で、先取点を挙げるも緊張からかミスを連発して、8分まで1対1のロースコア。
石野のロング、仲宗根のロング・カットインで3連取したが、波に乗れず3連続失点を喰らい、13分には4対4の同点。
17分、6対5とした場面から、ノーマークの速攻を田代がファインセーブ。20分に上町の7mスローを歯切りに後藤の2連続速攻、上町の速攻、仲宗根のランニング、八十島の速攻と6連取で26分に12対5と主導権を握る。
その後、3連取され、12対8で前半を終える。

後半に入ると11分までは、4点差をキープ。
そこで退場者を出し、2連取されて、12分38秒に16対14と2点差まで迫られる。
そのピンチも田代が、文字通り体を張ったキーピングで流れを断ち切り、逆に八十島・小野澤・仲宗根で3連取、16分には19対14と5点リード。
その点差を守りきる形で、24対19で試合終了。
地元金沢で、貴重な7勝目を挙げる。

深山会長を始めとします、1,000名を越す大応援団の皆様のご声援のお蔭で勝利することが出来ました。
心より御礼申し上げます。

来週は、広島にて広島メイプルレッズとの対戦です。
皆様方の変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。

           12-8
北國銀行  24(      )19  ソニー
           12-11

仲宗根 5点、 八十島 4点、 上町 3点(7m 1点)
小野澤・若松 各3点、 石野・後藤・翁長(7m 2点)各2点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
スポンサーサイト
2011.07
18
Category : '10-11
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
昨日行われた、社会人選手権大会最終日の試合結果をご報告致します。
土曜日に行われたオムロン対ソニー戦の結果により、記念すべき第一回全日本社会人選手権大会の優勝は、決定していました。

全勝で優勝を合言葉に臨んだ最終戦。立ち上がりから自慢の速攻が炸裂。
8分までに7本の速攻を決めて、序盤から優位に進める。
10対6で迎えた15分、八十島のサイド、樋口、八十島の速攻、石野のカットイン、屋嘉の速攻で5連取し、22分には、15対6とリードを広げる。
結果、17対9で前半を終える。

後半立ち上がり、八十島のサイド、速攻、上町の速攻が決まり、大量11点のリードを奪う。
17分に翁長がカットインを決めて、26対14とする。そこから、連続で退場者を出し、リズムを失いかけたが、田代が何度も好キープを見せて、リードをキープする。
結局、コートプレイヤー全員得点で、33対21の完勝で、全勝優勝に花を添える。

MVPには、横嶋が選出され、ベストセブンには、田代、樋口、八十島が選出されました。
皆様方のご声援のおかげで、記念すべき第一回全日本社会人選手権大会を優勝する事が出来ました。
この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。
更なる高みを目指して、頑張りますので、変わらぬご声援を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

          17-9
北國銀行 33(       )21 ソニー
          16-12

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.04
18
Category : '10-11
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
第8回東アジアクラブ選手権の最終戦、広東省との対戦。
山東省チームほど大きくはないが、大型チームの広東省。樋口のカットインで先制。
3分には同点にされたが、そこから怒涛の7連取。中村が2本のサイド・速攻、横嶋のポスト、樋口・上町の速攻、佐久川のカットインで10分には、8対1とリードする。速さになれた広東省チームに3連取されて、13分には10対6と追い上げれる。
田代を中心としたディフェンスが再度機能しはじめ、横嶋・若松・樋口の速攻等で再び6連取して、主導権を握る。
終盤も多彩な攻撃が決まり、結局、21対10で前半を終了。
後半に入っても勢いは止まらず、この試合で引退が決まっている佐久川が縦横無尽に動き、次々に得点していく。それにつられて、その他のメンバーも走り回り、14分には、32対15と大量リードを奪う。
その後も攻撃の手を緩めることなく、ゴールを量産。
締めくくりは、これまたこの試合で現役を終える井上(マネージャーで残留)が、いぶし銀の活躍で、45点目を決めて、試合終了。
45対20で勝利し、2勝1敗で2位が確定した。
最終戦も北國らしいハンドボールで締めくくり、来期へ期待が膨らんだ。

平成22年度も皆様方の温かいご声援のお蔭で、日本リーグ初優勝を達成することが出来ました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
来年度も更に精進を重ね、高みを目指していきますので、変わらぬご支援・ご声援を頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.04
18
Category : '10-11
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
優勝をかけた第2戦目の仁川チームとの対戦。

序盤の10分までは、横嶋のポスト、中村・若松のサイドで得点するも3対6とリードを許す。
中盤は、上町のロング、右サイドで中村が決め、佐久川のカットイン、横嶋のポスト等で19分には同点に追いつく。すぐさま、上町が7mスローを決めて、逆転に成功。
21分に追い付かれるも田代が踏ん張り、逆転を許さない。25分に中村が速攻を決めて、再びリード。そこから2連取されて逆転を許したが、若泉が速攻で持ち込み同点にする。その後1点づつ取り合い、終了間際に若松が勝ち越し点を決めた。
前半を終えて、15対14で折り返す。

後半の序盤も樋口のロング・カットイン、佐久川のカットイン等で得点を伸ばしたが、11分に同点とされた後、シュートミスやイージーミスが出て、徐々にリードを広げられ、22分には、22対27と5点リードを奪われる。そこから反撃を開始。
上町の3本の7mスロー・ロング、樋口の速攻・ロング、横嶋の速攻で1点差に詰め寄るが、追い付くことが出来ず、29対30で敗れた。
しかし、田代が体を張ったキーピングで再三のピンチを防ぎ、コートプレーヤーは全員で動き、北國らしいゲームを展開。
12日の広東省とのゲームが、平成22年度ラストゲーム。最後まで北國らしいハンドで締めくくりたい。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.04
17
Category : '10-11
Theme : ハンドボール
Genre : スポーツ
第8回東アジアクラブ選手権が、4月9日から12日の日程で、中国 山東省 栄成市(ロンチョン)にて行なわれました。
出場チームは、韓国(仁川)、中国(山東省)・(広東省)、日本(北國)の4チームで、リーグ戦で優勝を争いました。

初戦は、山東省チーム。
試合開始前には、東日本大震災の犠牲者の皆様、被災者の皆様方へ哀悼の意を表し、両チームで黙祷を捧げました。
山東省チームは、180cm以上が9名、170cm以上が6名、166cmが一番小柄で16名の平均身長が178cmと大型チーム。
先取点は、若松の速攻が決まる。大きさに戸惑いながら、10分までは5対5と互角の展開。
中盤以降は大きさににも慣れ、上町がロング・カットイン・7mスロー等で7得点を挙げる活躍で17対11で前半を終える。
後半に入って更にディフェンスが機能して、樋口・若松・横嶋・上町の速攻に繋げ、15分までに5得点をたたき出した樋口の活躍もあり、28対14と大量リードを奪う。
終盤は投入した若手が躍動、速攻・サイドで4得点した八十島、7mスロー・ロング・カットインで3得点した翁長、新人の後藤が加入後初得点となるロングを決める等して、36対17で終了。1勝目を挙げた。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.03
19
Category : '10-11
 まず、東日本大震災の犠牲者の方々に深く弔意を表し、被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
被災地で厳しい環境の中、復興に向けて必死に頑張っている被災者の皆様、救援部隊の皆様のご健康とご無事を祈っております。
 頑張れ 東日本  一日も早い復興を祈っております

 12・13日に予定されていましたプレーオフが、東日本大震災の為、中止となり、レギュラーシーズンの結果をもって、順位が決定しました。
 結果についてはすぐにでもご報告しなければいけなかったのですが、被災地の皆様方の事を思いますとこの時期までご報告を控えさせて頂きました。
 結果につきましては、レギュラーシーズン1位ということで、悲願の初優勝となりました。
 長年に渡り熱いご声援を頂きながら、皆様方のご期待に応えることが出来ず、申し訳ない気持ちで一杯でありましたが、やっと優勝報告ができました。
 第4回から外国人選手が各チームに加入し、第34回大会までの優勝チーム全てに外国人が在籍していました。
 何とか日本人だけでの優勝をしたい気持ちで取り組んできて、今回の優勝に辿り着き、サポート頂いた全ての皆様方に心より感謝申し上げます。
 これに満足することなく、更に精進を重ねて参りますので、変わらぬご声援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 最後にもう一度、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.03
16
日本ハンドボールリーグ第35回プレーオフ大会は、
東北地方太平洋沖地震に伴って開催中止となりました。
最終順位はレギュラーシーズン順位を適用しすることになり、
この結果、北國銀行ハニービーの初優勝が決定しました。

女子最終順位
1位 北國銀行ハニービー・・・・・・12勝3敗
2位 ソニーセミコンダクタ九州・・・10勝4敗1分
3位 広島メイプルレッズ・・・・・・ 9勝4敗2分
4位 オムロン・・・・・・・・・・・ 9勝5敗1分
5位 三重バイオレットアイリス・・・ 2勝13敗
6位 HC名古屋・・・・・・・・・・ 1勝14敗

個人表彰
得点王・・・・・・・・植垣 暁恵(広島メイプルレッズ) 121点 初
フィールド得点賞・・・植垣 暁恵(広島メイプルレッズ) 83点 初
シュート率賞・・・・・高栖 由香(ソニーセミコンダクタ九州) 0.808 2回目
7mスロー得点賞・・・植垣 暁恵(広島メイプルレッズ) 38点 初
7mスロー阻止率賞・・藤間 かおり(オムロン) 0.463 初

最優秀選手賞・・・・・上町 史織(北國銀行)3回目
最優秀新人賞・・・・・石坂 美奈子(三重バイオレットアイリス)
ベストセブン・・・・・GK田代 ひろみ(北國銀行)3回目
           CP新城 明奈(広島メイプルレッズ)初
           CP高栖 由香(ソニーセミコンダクタ九州)初
           CP植垣 暁恵(広島メイプルレッズ)初
           CP上町 史織(北國銀行)4回目
           CP高橋 恵 (ソニーセミコンダクタ九州)2回目
           CP藤井 紫緒(オムロン)2回目

ベストディフェンダー賞・・中村 香理(北國銀行)2回目
フェアプレー賞・・・・・・HC名古屋

2011.03
04
第35回日本ハンドボールリーグ プレーオフ決勝

第35回日本ハンドボールリーグプレーオフ大会
3月12日(土)・13日(日)開催中止のお知らせ
 日本ハンドボールリーグは、東北地方太平洋沖地震の影響で、断続的に余震が続くこと、交通機関の混乱が続くことが予想される為、3月12日(土)・13日(日)のプレーオフ開催中止を決定しました。
 なお、中止された試合の開催については、現在未定です。



▽決勝
 日時:2011年3月13日(日)13:15~
 会場:駒沢体育館
 対戦相手:プレーオフ準決勝勝者
 (ソニーセミコンダクタ九州or広島メイプルレッズ)


より大きな地図で 駒沢体育館 を表示
2011.02
28
昨日三重県にて行なわれた、レギュラーシーズン最終戦の対 三重バイオレットアイリスの試合結果をご報告致します。

前日の広島 対 ソニー戦でソニーが敗れた為、レギュラーシーズン1位が確定。勢いをつける為にも勝利で最終戦を飾りたい。

三重バイオレットは、主力を負傷で欠き、苦しいチーム状態。うちも負傷者を出して万全とは言えない状態ではあったが、代わりに登録した選手達が躍動し、序盤からリードを奪う展開。
先取点は、野路(里)が日本リーグで2年ぶりの得点となるサイドシュートを決めて、チームに勢いをもたらす。
9分までに若松・野路(里)のサイドや速攻、横嶋・佐久川の得点等で、7対4とリードする。
9分50秒から上町の2本の7mスローや速攻、八十島・若松・横嶋の速攻等で6連取して、主導権を握る。
その後も樋口のロング・速攻、川井の2本の速攻等で得点を重ね、24対10で折り返す。

後半に入っても野路(里)のサイドや樋口・上町のカットイン等で、13分までに31対15とリードを広げる。
14分から仲宗根のランニングシュートや若松・上町・中村・樋口・若泉の速攻等で8連取。
結局、コートプレーヤー全員が得点あげる活躍で、主力を欠きバランスを崩した三重に勝利して、最終戦を終える。

レギュラーシーズンを12勝3敗で、2年連続1位でプレーオフ進出。
登録の関係や主力の怪我等で陣容が揃わない中、起用したそれぞれの選手が持ち味を発揮してくれて、チーム力で掴んだ1位。
キャプテン田代もシーズンを通して、万全のコンディションではなかったが、体を張ってゴールを死守して、チームを引っ張った。

残るは、プレーオフ決勝のみ、どちらが勝ち上がってくるかは問題ではなく、いかに平常心で自分達のハンドボールが出来るかだと思います。
これまでチームを支えてくれた全ての皆様への感謝の気持ちを忘れず、優勝を目指して、頑張りますので、変わらぬご声援を宜しくお願い致します。
プレーオフ決勝の舞台でチームを後押しして頂きますよう、再度お願い申し上げます。

           24-10
北國銀行  41(      )18  三重バイオレットアイリス
           17- 8

上町(7m 2本)・樋口(7m 2本) 各8点、 若松 6点、 
横嶋・野路(里) 各4点、 仲宗根 3点、 川井・八十島 各2点、 若泉・佐久川・中村・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.02
28
第35回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合結果

▽第14週
 日時:2011年2月27日(日)14:00~
 会場:鈴鹿市立体育館(三重県)
 北國銀行 41(24-10,17- 8)18 三重バイオレットアイリス
 Fi.Goal:上町6/9,樋口6/8,若松6/7,横嶋4/5,野路(里)4/6,仲宗根3/4,
      川井2/4,八十島2/3,若泉1/1,佐久川1/2,中村1/2,翁長1/2
 7mT:上町2/4,樋口2/2
 7mT阻止:寺田0/1

 レギュラーシーズン1位通過決定です。
 若泉選手初ゴール?
2011.02
23
第35回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定

▽第14週
 日時:2011年2月27日(日)14:00~
 会場:鈴鹿市立体育館(三重県)
 対戦相手:三重バイオレットアイリス

 今季のリーグ戦最終週です。
 この試合に勝てばレギュラーシーズン1位通過です。
2011.02
21

昨日、熊本にて行なわれた日本リーグ第14戦 VS オムロンとの試合結果をご報告致します。

前半立ち上がりは、体が思うように動かず、重苦しい展開、2点先取された5分に屋嘉がサイドを決めて、試合が動き出す。
その後もミスが多く、また退場者も出し、3連取されて、9分には1対5とリードを許す。
10分に屋嘉、13分には横嶋が速攻を決めて、リズムを掴むかに見えたが、思うようにシュートを決められず、またもや3連続失点で3対8とされる。
ようやく落ち着きを取り戻し、上町・樋口の7mスロー、横嶋の速攻、若松のサイド等で追い上げ、9対11で前半を終える。

後半に入っても怪我で欠場した野路(良)の穴を埋められず、ディフェンスが安定しない。GK田代が好キープを続けるもオフェンスに繋がらず、
16分までに12対21と苦しい展開。
そこから意地を見せて、屋嘉・横嶋・八十島らの速攻が決まり、追い上げを見せるも時すでに遅し、結局、18対25で試合終了。

この試合をものにして1位を決定させたかったのですが、歯車が噛み合わないまま敗れてしまいました。
来週の三重戦に勝利すれば1位が決定します。
プレーオフに向けて、北國らしいハンドボールを展開し、勝利を目指します。

           9-11
北國銀行  18(     )25  オムロン
           9-14

上町・樋口・横嶋・屋嘉 各4点、 八十島・若松 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.02
21
第35回日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合結果

▽第13週
 日時:2011年2月19(土)13:00(変更)
 会場:霧島市国分体育館(鹿児島)
 北國銀行 21(11-12,10- 5)17 ソニーセミコンダクタ九州

▽第13週
 日時:2011年2月20日(日)16:00~
 会場:山鹿市総合体育館(熊本県)
 オムロン 25(11- 9,14- 9)18 北國銀行ン
2011.02
20
昨日鹿児島にて行なわれました日本リーグ第13戦、対 ソニーの試合結果をご報告致します。

先取点は、樋口のミドルシュートが炸裂。野路(良)がカットインで続き、幸先良いスタート。
その後、2失点して追い付かれるも再び、野路(良)のカットイン、横嶋がポストで2連取して、13分には5対2とリードする。
19分までは、一進一退が続き、8対5でリードを保っていましたが、パスミスが連続して出て、また、退場者も絡んで、4連続失点で24分には逆転される。
終盤は、若松のサイド・速攻や樋口のカットイン等で得点するも11対12でリードを許して、前半を終える。

後半スタートからGK田代が神がかり的なキーピングを連発。2本の7mスローを阻止、ノーマークシュートも次々とシャットアウト、何と16分40秒まで無失点に抑える。
その勢いがコートプレーヤーに躍動感を与え、屋嘉の速攻に始まり、若松のサイド・速攻、横嶋のポスト・2本の速攻、樋口のカットイン・速攻で怒涛の8連取で、主導権を握る。
20分過ぎから退場者が連続して出て、ピンチを迎えたが、ここでも田代が存在感を示し、25分まで失点を3点に抑え、19対15。
二人目の退場者でコートプレーヤーが4人のピンチには、横嶋がリバウンドを押し込むスーパープレーで貴重な追加点を奪う。この1点が勝敗を大きく手繰り寄せる1点となり、しかも横嶋個人の300得点のメモリアルゴール。勝利に花を添えた。
後半は5失点に抑え、首位攻防戦を制して、レギュラーシーズン1位に大きく前進した。
今日は、熊本に移動して、オムロンとの試合。昨日の勢いを持って、勝利を目指します。

           11-12
北國銀行  21(      )17  ソニー
           10- 5

横嶋 6点、 樋口 5点、 若松 4点、 上町・野路(良) 各2点、 佐久川・屋嘉 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.02
15
日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定
▽第13週
 日時:2011年2月19(土)13:00(変更)
 会場:霧島市国分体育館(鹿児島)
 対戦相手:ソニーセミコンダクタ九州
▽第13週
 日時:2011年2月20日(日)16:00~
 会場:山鹿市総合体育館(熊本県)
 対戦相手:オムロン
2011.02
13
昨日、金沢にて行なわれました、日本リーグ第12戦の対 HC名古屋の試合結果をご報告致します。

今期の地元最終戦、多くのサポーターが詰めかけ、熱い声援の中、スローオフ。
先取点は、横嶋の速攻が決まる。1点返された後、若松のサイド、樋口のロング、上町の速攻で3連取して、序盤の主導権を握る。
そのまま勢いに乗りたい所であったが、ミスが続き、リードを広げることが出来ず、11分には6対5。
14分54秒に樋口の速攻、15分30秒に屋嘉の速攻が決まった後、若松が200得点のメモリアルゴールのサイドシュートで決める。
更に屋嘉が速攻を決めて、17分で10対5とリードする。
1点奪われた後、上町がカットイン・スカイプレーで2連取、屋嘉がサイドを決めて、22分に13対6としたが、今ひとつ波に乗れず、前半は、16対11で終える。

後半の立ち上がり6分までは、3点づつ取り合った後、退場者を出して、ピンチを迎える。
GK田代を中心にディフェンスが踏ん張り、逆に屋嘉の速攻、上町のカットイン・7mスローでリードを広げ、10分には、22対14とする。
その後も横嶋のポスト、上町・樋口の7mスローなどでリードを広げ、最後は、翁長がロングを決めて、33対21で試合終了。

この結果、多くのサポーターの皆様方の声援のお蔭で、今年もプレーオフに進出することが出来ました。皆様方に心より感謝申し上げます。
残すは、レギュラーシーズン3試合とプレーオフのみ。
来週は、レギュラーシーズン1位をかけて、ソニー・オムロンとの連戦が鹿児島・熊本で行なわれます。
皆様方のご期待に応えれれるよう、更に精進を重ね、初優勝目指し、チーム一丸となり頑張りますので、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。

           16-11
北國銀行  33(      )21  HC名古屋
           17-10

上町 10点(7m 4本含)、横嶋 8点、 樋口(7m 1本含)・屋嘉 各5点、 若松 3点、 佐久川・中村・翁長 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.02
13
日本ハンドボールリーグ第12週 北國銀行ハニービーの試合結果

 日時:2011年2月12日(土)13:00~
 会場:金沢市総合体育館(石川県)
 北國銀行 33 (16-11,17-10)21 HC名古屋
 Fi.Goal:横嶋8/8,上町6/12,屋嘉5/7,樋口3/5,若松3/3,佐久川1/1,中村1/1,翁長1/2,野路(良)0/4,野路(里)0/2
 7mT:上町4/5,樋口1/1
 7mT阻止:寺田0/1,田代1/2

 プレーオフ進出決定!
 若松選手通算200ゴール達成!
 野路里子選手故障から復帰!
2011.02
07
日本ハンドボールリーグ 北國銀行ハニービー試合予定
▽第12週
 日時:2011年2月12日(土)13:00~
 会場:金沢市総合体育館(石川県)
 対戦相手:HC名古屋
2011.02
06
昨日から再開となった日本リーグ、広島で行なわれた第11戦の対 広島メイプルレッズの試合結果をご報告致します。

立ち上がり3分までに1対3とリードを許すが、樋口のロング、上町のカットイン、野路(良)の速攻が決まり、逆転に成功。
更に7mスローを与えたが、これを寺田が見事にシャットアウト。
直後に上町がロングを決めて、5対3とリードを広げる。
13分には6対5となったが、屋嘉のサイド、若松・横嶋の連続速攻が決まり、9対5と主導権を奪う。
25分までは互角の展開で、15対11と4点差をキープ。
そこから3連取されて、1点差になるが、樋口の速攻で再び2点差にする。
1点返されたが、野路(良)がカットインを決めて、17対15で前半を終了。

後半開始から2連続失点を喰らい、同点とされる。
樋口のカットインでリードするものの、再び4連続失点で逆転される。
横嶋の速攻、上町のロングが単発に決まるも19分までに20対23でリードされる重苦しい展開。
流れを変えるべくタイムアウトを要求。
そこで落ち着きを取り戻した選手達に躍動感が甦り、樋口のカットインに続き、横嶋の速攻・上町の連続速攻が決まり、2分30秒で怒涛の4連取で逆転。
更にベテラン中村がポストで粘り強いプレーで得点して、26分には25対23と2点リード。
最後は、樋口のロングが決まり、6連取を締めくくり、28分43秒で26対23。
1点返されたが、終了間際に横嶋がポストを決めて、27対24で大事な1戦を勝利した。
プレーオフに向け、大きな1勝を手にした。

来週は、地元での最終戦を金沢でHC名古屋を迎えて行なわれます。
皆様方の応援を宜しくお願いします。
次戦を勝利すれば、プレーオフが決定します。

           17-15
北國銀行  27(      )24  広島メイプルレッズ
           10- 9

上町 9点(7m1点含)、樋口・横嶋 各6点、  野路(良) 3点
中村・若松・屋嘉 各1点

北國銀行ハンドボール部監督
 荷川取 義浩(Yoshihiro Nikawadori)
2011.02
06
日本ハンドボールリーグ第11週 北國銀行ハニービーの試合結果

▽第11週
 日時:2010年10月30日(土)14:00~
 会場:金沢市総合体育館(石川県)
 北國銀行 27(17-15,10- 9)24 広島メイプルレッズ
 Fi.Goal:上町8/13,樋口6/7,横嶋6/8,野路(良)3/7,中村1/1,若松1/2,屋嘉1/3,井上0/1
 7mT:上町1/1
 7mT阻止:寺田1/2,田代0/1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。